[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

V6寺地拳四朗、具志堅氏のV13へ“折り返し”も「普通に勝っていければ超えられる」

ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の公式会見が21日、都内のホテルで行われた。7度目の防衛を目指すWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)は、同級12位ランディ・ペタルコリン(フィリピン)と対戦予定。目標でもある同級元WBA世界王者・具志堅用高氏のV13に向けて折り返し地点となる戦い。「一戦一戦、普通に勝っていければ、自然と13回を超えられるかなと思う」と自然体を貫いた。

公式会見に出席した寺地拳四朗【写真:浜田洋平】
公式会見に出席した寺地拳四朗【写真:浜田洋平】

リングネーム変更後初の防衛戦、勝てばライトフライ級歴代2位タイのV7

 ボクシングのトリプル世界戦(23日、神奈川・横浜アリーナ)の公式会見が21日、都内のホテルで行われた。7度目の防衛を目指すWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(BMB)は、同級12位ランディ・ペタルコリン(フィリピン)と対戦予定。目標でもある同級元WBA世界王者・具志堅用高氏のV13に向けて折り返し地点となる戦い。「一戦一戦、普通に勝っていければ、自然と13回を超えられるかなと思う」と自然体を貫いた。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 今回、7度目の防衛となれば、ライトフライ級では具志堅氏のV13に次ぎ、歴代2位タイ。元WBA&IBF統一王者・田口良一氏に並ぶ。「13回の折り返しとか、そこまで深く考えていない。一戦一戦、普通に勝っていければ、自然と13回は超えられるかなと思う。今回もしっかり勝って13回につなげたい」と自然体だ。

 2日後の一戦に向け、コンディションは万全だ。対戦相手がペタルコリンと発表されたのは11月22日。急遽決まった形だが「いつも通りパンチはもらわず、きれいにカウンターなどを当ててKOできればと思っている」とV7に自信を見せた。

 一方、ペタルコリンは拳四朗と統一戦を予定していたIBF王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)が急性気管支炎を患ったことから、リングに上がることになった。「急な決定だったが、問題ない。チャンスが巡ってきたことをうれしく思う」と喜んだ。

 拳四朗の印象については「大変強く、スタイリスティックなボクサー。パンチを当てるのも難しいかもしれないが、私にも戦略がしっかりある。ラウンドの後半に倒したい」と不敵に笑った。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集