[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

帰ってきた羽生結弦、「110.72点の衝撃」に海外メディア賛辞「Welcome back Yuzu!」

フィギュアスケートの全日本選手権は20日、世界選手権代表選考を兼ねて行われ、男子ショートプログラム(SP)で4年ぶり出場となった羽生結弦(ANA)が110.72点で首位発進。非公認ながら、自身が持つ世界最高得点を0.19点上回った。海外メディアも「圧巻の演技に仕上げの3回転半を決め、大会をリード」と評価している。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

非公認ながら自身の世界最高得点超え「圧巻の演技に仕上げの3回転半」

 フィギュアスケートの全日本選手権は20日、世界選手権代表選考を兼ねて行われ、男子ショートプログラム(SP)で4年ぶり出場となった羽生結弦(ANA)が110.72点で首位発進。非公認ながら、自身が持つ世界最高得点を0.19点上回った。海外メディアも「圧巻の演技に仕上げの3回転半を決め、大会をリード」と評価している。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 まさに圧巻だった。羽生はこれまで2本目に跳んでいたトリプルアクセルと、得点が1.1倍になる最後の3本目に跳んでいた4回転―3回転の連続トウループを入れ替え、出来栄え重視の構成に変更。ジャンプの合計基礎点は0.57点下がるが、それを補って余りある完璧な演技で110点超え。非公認ながら“世界新”の圧巻ぶりで代々木に詰めかけたファンを魅了した。

 4年ぶりに全日本に帰ってきた羽生。国内選手権ながら五輪連覇王者の演技に海外メディアも反応した。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」公式ツイッターは「Welcome back Yuzu!」と“全日本復帰”を歓迎し、公式サイトでもプログラム変更に触れながら「スコアは0.57点低くなったが、今日の見事な演技にはそれも関係なかった」と称賛した。

「25歳は『Otonal(秋によせて)』に乗った圧巻の演技に仕上げの3回転半を決め、最大のライバルであるウノに対し、5点のリードを奪った」と紹介し、日本の地から広がるインパクトを海外にも届けていた。果たして、22日に行われるフリーではどんな結末を迎えるのか。進化を止めない絶対王者の演技に期待がかかる。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集