[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2019】ワイルダーV10、凶悪の“右一撃KO”に米メディア衝撃「右拳のパワー現実じゃない」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は11月にボクシングのデオンテイ・ワイルダー(米国)が演じた戦慄の“右一撃KO”だ。WBC世界ヘビー級タイトルマッチで同級3位ルイス・オルティス(キューバ)を7回KOで破り、10度目の防衛を達成。衝撃的なKO決着の瞬間は動画が拡散され、米メディアも「右拳のパワーは現実のものとは思えない」と驚いた。

デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】
デオンテイ・ワイルダー【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―11月にV10を達成した衝撃KOの一撃

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は11月にボクシングのデオンテイ・ワイルダー(米国)が演じた戦慄の“右一撃KO”だ。WBC世界ヘビー級タイトルマッチで同級3位ルイス・オルティス(キューバ)を7回KOで破り、10度目の防衛を達成。衝撃的なKO決着の瞬間は動画が拡散され、米メディアも「右拳のパワーは現実のものとは思えない」と驚いた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 まさに凶悪――。一撃でボクシング界に衝撃を走らせた。序盤から苦戦を強いられていたワイルダー。しかし、7回も残り10秒を切った終了間際だった。オルティスの一瞬の隙を突き、ワンツーから右ストレートを顎に一閃。相手を豪快にキャンバスに沈め、試合を一発で終わらせた。衝撃的な幕切れに会場も熱狂した。

 昨年3月、オルティスを迎えた7度目の防衛戦でも苦しみながらTKO勝ちしていたワイルダー。しかし、今回は文句ない戦いぶりでV10を達成した。米メディアは圧巻のKOシーンを動画付きで拡散し、さらに続々と速報している。「ボクシングニュース」は「ワイルダーの右拳のパワーは現実のものとは思えない」と驚異のパワーを絶賛した。

 ツイッター上でも米スポーツ専門局「ESPN」は「ワイルダーの右拳は再び相手を殴り倒した」、「FOXスポーツPBC」は「ワイルダーは人々が求めていたことを成し遂げた」と称賛。米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「おやすみ、オルティス」と挑戦者がリングに倒れ込んだ印象的な写真とともに報じ、驚きをファンに伝えていた。

 これで通算成績を42勝(41KO)1分け、驚異のKO率を維持している。来年2月には元3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)との世紀の再戦が決まったワイルダー。昨年12月の前回対戦は引き分けに終わっているが、1年余りの時を経て、相まみえるライバルを今度はKOできるか。来年も大きな注目を集める存在となりそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集