[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコも統一戦歓迎 衝撃KOの米22歳新星に逆ラブコール「4月に会いたいね」

ボクシングのIBF世界ライト級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、挑戦者の22歳の新鋭テオフィモ・ロペス(米国)が王者リチャード・コミー(ガーナ)を2回1分13秒で衝撃的なKO勝利。デビュー15連勝(12KO)でついにベルトを巻いた。トップランク社が実際のKOシーンを動画付きで公開し、ファンの度肝を抜いていたが、対戦の可能性が浮上しているライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)も実際にリングサイドで観戦。「彼はパワーがあってスマートなファイターだ」と称賛を送りつつも、「それは相手によるものだけど」と余裕も見せつけている。

ワシル・ロマチェンコ(左)とテオフィモ・ロペス【写真:Getty images】
ワシル・ロマチェンコ(左)とテオフィモ・ロペス【写真:Getty images】

衝撃KOでベルト戴冠のロペス、リングサイドで観戦したロマチェンコも高評価

 ボクシングのIBF世界ライト級タイトルマッチが14日(日本時間15日)、米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、挑戦者の22歳の新鋭テオフィモ・ロペス(米国)が王者リチャード・コミー(ガーナ)を2回1分13秒で衝撃的なKO勝利。デビュー15連勝(12KO)でついにベルトを巻いた。トップランク社が実際のKOシーンを動画付きで公開し、ファンの度肝を抜いていたが、対戦の可能性が浮上しているライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)も実際にリングサイドで観戦。「彼はパワーがあってスマートなファイターだ」と称賛を送りつつも、「それは相手によるものだけど」と余裕も見せつけている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

“テイクオーバー”(奪取)の異名は伊達じゃない。ロペスが強烈なカウンターを炸裂させたのは2ラウンドだった。コミーの右に対して、ドンピシャのタイミングで右を放った。完璧なカウンターにたまらず膝をつく王者。立とうとするが、足元が定まらない。前につんのめりながら、もんどりうって倒れ込んだのだ。

 一撃で“2度ダウン”する衝撃シーン。コミーは何とか立ち上がりファイティングポーズをとったが、ダメージは明白。直後にロペスがラッシュをしかけると、レフェリーが試合を止めた。2回1分13秒での鮮やかなKO劇で、デビュー15戦目(全勝うち12KO)でついにベルトを巻いた。

 IBFのベルトを巻いた22歳の姿を、リングサイドで観戦していたのは以前からロペスがラブコールを送っていたロマチェンコだ。米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP)で2位の“精密機械”は、トップランク社が公式インスタグラムで公開した、インタビューでロペスについてこう語っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集