[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナガマツ、フクヒロ破り決勝 世界1位中国ペアとの決戦へ「明日、負けたら意味ない」

注目の日本勢対決は、またも長身ペアに軍配が上がった。バドミントンの国際大会BWFワールドツアーファイナルズは14日、中国・広州で各種目の準決勝を行い、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那(北都銀行)と福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)の日本勢対決は、松本/永原が2-1(13-21、21-17、21-9)の逆転で勝利を収め、初の決勝進出を決めた。

永原和可那(左)と松本麻佑(右)【写真:平野貴也】
永原和可那(左)と松本麻佑(右)【写真:平野貴也】

日本勢対決は逆転でナガマツに軍配「日本勢対決に勝てて嬉しい」

 注目の日本勢対決は、またも長身ペアに軍配が上がった。バドミントンの国際大会BWFワールドツアーファイナルズは14日、中国・広州で各種目の準決勝を行い、女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那(北都銀行)と福島由紀/廣田彩花(アメリカンベイプ岐阜)の日本勢対決は、松本/永原が2-1(13-21、21-17、21-9)の逆転で勝利を収め、初の決勝進出を決めた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ともに170センチを超える長身で強打が武器の松本/永原は、序盤こそ守勢に回ったが、第2ゲームからばん回。永原が前衛、松本が後衛に入る形を作って、強打を見舞った。ファイナルゲームでは、永原がスーパーレシーブを見せるなど、相手に試合のペースを渡さずに押し切った。松本/永原は国際大会で4大会連続の準決勝敗退を喫しており、前回大会も準決勝敗退だったため、永原は「日本勢対決に勝てたのは嬉しいけど、準決勝を勝てずに苦しんでいたので、そこを勝てて嬉しい」と心境を明かした。

 両ペアは、昨年と今年の世界選手権・決勝戦でも対戦。ともに、双方がマッチポイントを握る大接戦の末、松本/永原が2連覇を果たしている。国際大会で4連勝となった。2人よりも安定して好成績を収めている福島/廣田にとっては、天敵だ。2週間前に国内で行った全日本総合選手権の決勝戦でも敗れている。福島は「第2ゲームでシャトルが飛びにくいコートに入ったら、相手がガンガン前に出て来た。前に詰めていく速さや積極性は、見習って、自分たちもそういう形を作っていきたい」と改善のイメージを話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集