[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ナガマツ、フクヒロ破り決勝 世界1位中国ペアとの決戦へ「明日、負けたら意味ない」

東京五輪出場権レースではフクヒロ、ナガマツがリード

 両ペアは、現在の女子ダブルスの日本代表を引っ張る存在だ。2020年東京五輪出場権獲得レースでは、福島/廣田が1位。松本/永原が3位。2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストの高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)が5位タイで追いかけている。日本勢は来年4月末の時点で8位以内に2組が入れば、上位2組が五輪に出場できる。獲得ポイントでは、高橋/松友が引き離されている状況で、今大会でも福島/廣田が4強、松本/永原が決勝に進出したことで、その差を広げている。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 勝った松本/永原は、翌15日の決勝戦で世界ランク1位のチェン・チンチェン/ジア・イーファン(中国)と対戦する。松本は「昨年、準決勝で負けて、高橋/松友ペアが決勝戦を戦っているのを上から見ていて悔しかった。明日、負けたら意味がない。これまでの自分たちに恥じない試合をしたい」と世界選手権2連覇を果たすなど力をつけてきたプライドをのぞかせた。永原は「中国のペアには、今年2度、決勝戦で負けている。3度目の正直で勝って優勝したい」と意気込みを示した。

 大会には、今季の上位成績8組のみが出場。東京五輪のメダル候補による今季最強ペア決定戦と言える。松本/永原は夏の世界選手権に続き、冬のビッグタイトルも手に入れ、東京五輪で金メダルのイメージをを膨らませるか。注目の日本勢対決を制した、その後がさらに重要な一戦となる。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集