[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太「この一戦に懸けないとダメ」 将来より大切な今、痛感した“夢の危険性”

ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が12日、23日に行われる同8位スティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(横浜アリーナ)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。ミット打ちや2ラウンドのスパーリングを披露。軽快な動きで順調ぶりを見せた一方で、先々の大きな目標や夢を持つ“危険性”を明かした。

練習を公開した村田諒太【写真:浜田洋平】
練習を公開した村田諒太【写真:浜田洋平】

ビッグマッチを夢見た過去が教訓「もう世界へのアピールという気持ちはない」

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が12日、23日に行われる同8位スティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦(横浜アリーナ)に向け、都内の所属ジムで練習を公開した。ミット打ちや2ラウンドのスパーリングを披露。軽快な動きで順調ぶりを見せた一方で、先々の大きな目標や夢を持つ“危険性”を明かした。

【PR】感性の鋭いアスリートが集う陸上日本代表 ごまかしの利かない勝負を支えた「乳酸菌B240」の効果

 余計なことは頭にない。村田は敵を倒すことだけに集中していた。試合を11日後に控えた公開練習。スパーを終えた額からは大量の汗が噴き出していた。2012年ロンドン五輪で金メダルを獲得。プロデビューからずっと注目を浴び、33歳は18戦目を迎える。数か月に1度の試合に向けて毎回のように気持ちを高める作業があったが、今回は違うようだ。

「この試合に集中しているので、それ以外のことは考えていない。メンタルがどうとかわざわざ考えていない。期待は感じていますし、メディアの方々が来て注目は感じます。ただ、自分のやるべきことをしっかりやってリングで結果を残したい。その結果として皆さんに喜んでいただければいいなと思います。重圧より自分のプレーを考えていきたい」

 ボクサー人生の残り時間は、多く残されているとは言えない。かつてはビッグマッチを描いていた。実現に必要だったのは、目の前の相手を豪快に倒すこと。世界へアピール――。一つのテーマにしていた言葉だが、今の村田にはもう必要ない。

「もう世界へのアピールという気持ちはない。この一戦に懸けないとダメなんで。世界へのアピールと思って試合をして、ブラント1戦目は負けていますし、そういう同じ轍を踏まないようにこの一戦に集中したい」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集