[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

熊本地震から世界大会開催へ 会場で輝く“61枚の歩み”「復興する姿を発信したい」

日本初開催の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国に勝利し、3勝2敗で2次リーグに進出する。連日激闘が繰り広げられる中、会場には熊本地震からの復興を世界にアピールする写真が展示されていた。

地震直後から現在までの写真61枚【写真:浜田洋平】
地震直後から現在までの写真61枚【写真:浜田洋平】

女子ハンドボール世界選手権、会場に地震直後から現在までの写真61枚を展示

 日本初開催の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国に勝利し、3勝2敗で2次リーグに進出する。連日激闘が繰り広げられる中、会場には熊本地震からの復興を世界にアピールする写真が展示されていた。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 今大会、日本が1次リーグを戦ったパークドーム熊本。会場に入って30メートルほど歩くと、壁には61枚の写真パネルが並べられている。「熊本地震発生から国際スポーツ大会開催までの復興の歩み」と題された写真は61枚。前半にあるのは崩れた熊本城、倒壊した家屋、土砂に埋もれた家の周りで作業する救助隊など、震災直後に撮られた町の風景だった。

 2016年4月14日午後9時26分。熊本を震度7の揺れが襲った。16日未明にも本震が発生。14日の前震で震度7を観測した益城町に近い熊本市東区のパークドーム熊本も被害を受けた。ドーム内に設置された畳1枚ほどの大きさをしたグラスウール製の吸音板が多数落下。再開するまでに約1年を要したという。

 写真パネルの展示を管轄する熊本国際スポーツ大会推進事務局の吉開裕氏は、今大会の会場に展示した意図を明かした。

「女子の世界選手権の主旨の一つは、地震から復興する姿を世界に発信したいということです。(大会開催について)震災当時は『大丈夫か』という声もありました。住む場所を失った方もいる。そういう方々がいる中でやるのかという声もゼロではなかったです。お気持ちも考えた上で、徐々に状況を視野に入れて県民一丸となってやってきました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集