[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

おりひめJの永田しおり、代表100試合目で中国圧倒 「大差で勝つのは今後に繋がる」

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国と対戦し、35-18で勝利した。3勝2敗の勝ち点6で6チーム中3位。主将の永田しおりは代表通算100試合目を白星で飾った。8日の2次リーグ初戦はモンテネグロと対戦する。

永田しおり【写真:荒川祐史】
永田しおり【写真:荒川祐史】

24チーム制の1997年以降では最高順位、8日の2次リーグ初戦はモンテネグロ

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国と対戦し、35-18で勝利した。3勝2敗の勝ち点6で6チーム中3位。主将の永田しおりは代表通算100試合目を白星で飾った。8日の2次リーグ初戦はモンテネグロと対戦する。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 節目の試合で喜びをかみしめた。開始1分足らずで大山真奈が中央突破から先制ゴール。開始から9連続得点で主導権を握ると、一度も追いつかれることなく中国を圧倒した。この日は県内17校の小中高生約5000人が観戦。ホームの大声援を受け、試合後はメンバー全員で繋いだ手を掲げ、四方の歓声に応えた。

 32歳の永田にとって代表通算100試合目。「嬉しいですけど、自分の力ではない。みんながここまで助けてくれたから」と周囲に感謝した。大会前に負傷離脱した原希美に代わって任された主将。5日はリオ女王のロシアに対し、チームが物怖じしていたことで「プレー以前の問題」と目を潤ませていただけに「昨日は悪い試合をしたので『切り替えてやるよ』と話をしていた。やるべきことができたと思う」と喜びも大きかった。

 ロシアに負けた直後、アルゼンチンがスウェーデンに敗れたため、日本は負けて2次リーグ進出が決まった。「勝って次に行こう」。ミーティングでメンバーに伝えた。「今日の試合は『絶対に勝利して次に進むんだ』と思っていた。やるべきことを意識すれば勝てるチームになる。中国はアジアでもライバルなので、大差で勝てるのは今後にも繋がる」と手応えを得た。

 前回大会16位だった日本は、13大会連続19度目の出場。24チーム制以前の過去最高位は1965年の7位だった。30日の初戦では同29位のアルゼンチンに24-20、2日にはコンゴ(旧ザイール)に28-16で開幕2連勝。3日の第3戦はスウェーデンに26-34、5日の第4戦はリオ五輪金メダルのロシアに23-33と連敗した。連敗脱出で勢いづけ、8日は世界ランク27位のモンテネグロ戦だ。

 すでに12か国で争う2次リーグ進出が決まっており、24チーム参加となった1997年大会以降の最高順位が確定していた日本。ウルリック・キルケリー・ヘッドコーチは「モンテネグロは素晴らしいチーム。世界でも最高レベルの経験を積んでいる」と警戒した。2013年に一般公募で決まった愛称「おりひめJAPAN」。開催国枠で44年ぶり2度目の出場となる来年の東京五輪を前に、世界で結果を残す。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集