[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

おりひめJ、快進撃へ上昇気流 連敗脱出、最多8得点の秋山「チームで気合入れ直した」

日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国と対戦し、35-18で勝利した。3勝2敗の勝ち点6で6チーム中3位。すでに12か国で争う2次リーグ進出が決まっており、24チーム参加となった1997年大会以降の最高順位が確定していた。8日の2次リーグ初戦はモンテネグロと対戦する。

中国戦に勝利した「おりひめJAPAN」【写真:荒川祐史】
中国戦に勝利した「おりひめJAPAN」【写真:荒川祐史】

24チーム制の1997年以降では最高順位、8日から2次リーグ

 日本開催初の女子ハンドボール世界選手権に出場している世界ランク13位の日本代表「おりひめJAPAN」は6日、D組の1次リーグ最終戦(パークドーム熊本)で同20位の中国と対戦し、35-18で勝利した。3勝2敗の勝ち点6で6チーム中3位。すでに12か国で争う2次リーグ進出が決まっており、24チーム参加となった1997年大会以降の最高順位が確定していた。8日の2次リーグ初戦はモンテネグロと対戦する。

【PR】オフィスが一瞬でハンドボール場に!? おりひめJAPAN4人の魅力溢れる動画が話題に

 ロケットスタートを切った。開始1分足らずで大山真奈が中央突破から先制ゴール。立て続けに5連続得点でリードを広げると、相手はたまらずタイムアウトを取った。再開直後も日本の猛攻が続き、反則による2分間の一時退場で一人少ない相手に襲い掛かった。パスカットから秋山なつみが自陣から無人のゴールに投げ込み、11分で9-0と大量リードを奪った。

 前半を17-8で折り返すと、後半も攻撃の手を休めることなく得点を量産した。亀谷も好セーブを連発し、プレーヤー・オブ・ザ・マッチを獲得。この日は県内17校の小中高生約5000人が観戦。ホームの大声援を受け、子供たちの前で勝利を手にした。両チーム最多8得点を決めた秋山は「出だしからチームの決めごとを守っていけた。他の選手が繋いでくれて思い切ってシュートに行けた」と喜んだ。

 前回大会16位だった日本は、13大会連続19度目の出場。24チーム制以前の過去最高位は1965年の7位だった。30日の初戦では同29位のアルゼンチンに24-20、2日にはコンゴ(旧ザイール)に28-16で開幕2連勝。3日の第3戦はスウェーデンに26-34、5日の第4戦はリオ五輪金メダルのロシアに23-33と連敗した。秋山は「1次リーグ最後なのでチームで気合を入れ直して、いい形で2次リーグに進めるようにしたかった」と連敗脱出に笑顔。さらに、強敵が待ち受ける戦いに気を引き締めた。

「技術どうこうもそうだけど、自分たちが勝つという強い気持ちがないと離される。日本は強いと思っていかないと。全員で気持ちを一つにしていきたい」

 8日は世界ランク27位のモンテネグロ戦だ。2013年に一般公募で決まった愛称「おりひめJAPAN」。来年の東京五輪は開催国枠で44年ぶり2度目の出場となる。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集