[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリに続きまた… メキシコ選手が5キロも超過、WBC会長怒り「究極的に懸念すべき」

ボクシングの元WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)はWBC世界バンタム級挑戦者決定戦、前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦の前日計量でオーバーを犯し、試合中止に。体重超過問題はボクシング界に波紋を広げたが、同じWBCの世界スーパーフェザー級のエリミネーターでまたしても起きてしまった。

アンドレ・グティエレス【写真:Getty images】
アンドレ・グティエレス【写真:Getty images】

Sフェザー級指名挑戦者決定戦、3階級上の11ポンド超過で試合中止に

 ボクシングの元WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)はWBC世界バンタム級挑戦者決定戦、前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)戦の前日計量でオーバーを犯し、試合中止に。体重超過問題はボクシング界に波紋を広げたが、同じWBCの世界スーパーフェザー級のエリミネーターでまたしても起きてしまった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 WBCでまたしてもメキシカンファイターが問題を起こした。30日(日本時間12月1日)に予定されていたWBCスーパーフェザー級の指名挑戦者決定戦でオスカル・バルデス(メキシコ)と対戦予定だったアンドレ・グティエレス(メキシコ)が前日計量で、11ポンド(約5キロ)もオーバー。興行のメインイベントのはずが、WBCは即時活動停止を言い渡した。

 この事態にWBCのマウリシオ・スライマン会長が怒りを露わに。自身のツイッターで「ちょうど今、ラスベガスで起こったことは究極的に懸念すべきだ。スーパーフェザー級で予定されていたWBCの最終エリミネーターで、グティエレスは計量で11ポンド超過した。アンドレ・グティエレスはWBCにより、公式に活動停止処分を受けた。事実に基づいた調査を進めていく」と発表した。

 WBCを舞台に同じメキシカンのネリが前日計量で上限を1ポンド超過。再計量を命じられたが、ロドリゲス側に金銭交渉を持ちかけたものの、断られて試合は中止となり、シルバー王者のネリは正規王者への指名挑戦権を失っていた。ボクシング界で波紋を広げていたが、今回はグティエレスはネリの11倍もの超過となった。

 スライマン会長はグティエレスの1か月前からの段階的なウェートのレポートを公開。1週間前に上限(130ポンド=約58.96キロ)まで、あとわずかという体重132ポンド(約59.86キロ)だったはずのグティエレスが前日計量で141ポンド(約63.94キロ)と一気に増量させたデータを紹介していた。141ポンドは3階級上のウェルター級の体重となる。

 同会長は「減量のためにグティエレスが危険な戦略を選んだ明確な兆候だ。ウェート調整プログラムはWBCにとって最重要課題だ。今回のケースでは全ての流れを精査する。究極的に危険だ」とツイッターに投稿。指名王者決定戦でネリに続く、メキシカンによる体重超過問題に、スライマン会長も危機感を抱いている様子だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集