[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子、「71」の2打差3位で最終日へ 逆転賞金女王も射程、ライバル鈴木愛は12位

女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は、5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。賞金ランクトップの鈴木愛、同2位の申ジエはともに17位からスタートし、鈴木は1アンダーの12位、申はイーブンパーの17位。逆転賞金女王には単独2位が最低条件となる渋野は運命の最終日に臨む。

渋野日向子【写真:荒川祐史】
渋野日向子【写真:荒川祐史】

鈴木愛、申ジエ、渋野日向子の賞金女王争い

 女子ゴルフのツアー最終戦・LPGAツアー選手権リコー杯は30日、宮崎CC(6535ヤード、パー72)で第3日が行われ、首位と3打差の3位で出た賞金ランク3位の渋野日向子は、5バーディー、4ボギーの通算5アンダーで2打差の3位につけた。賞金ランクトップの鈴木愛、同2位の申ジエはともに17位からスタートし、鈴木は1アンダーの12位、申はイーブンパーの17位。逆転賞金女王には単独2位が最低条件となる渋野は運命の最終日に臨む。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 渋野はボミとの同組でスタート前の1番は大ギャラリーに囲まれた。第1打はフェアウェーキープ。2人で大ギャラリーを引き連れ、小さな女の子から「しぶこちゃん、頑張れー!」と声援を受けると、嬉しそうな笑顔で手を振った。第2打はグリーン手前に外したが、好アプローチで寄せてパーセーブした。

 5番パー3はグリーン奥のラフに入れ、アプローチは約2メートル残してボギーとした。しかし、6番パー4は第1打をフェアウェー中央に置くと、第2打はピン手前約4メートルのグリーンとカラーの境目に乗せた。これをねじ込みこの日初バーディー。見事なバウンスバックでファンを沸かせた。7番パー4もフェアウェーからの第2打をピン奥約2メートルにつけると、慎重に打った下りのバーディーパットはゆっくりと転がりカップに吸い込まれた。

 連続バーディーで勢いに乗ると、9番パー5の第3打は花道から約50ヤードのアプローチ。ピン手前で跳ねたボールはカップに直撃した。グリーン周りのファンはお祭り騒ぎ。バーディーパットを沈め、6アンダーで首位タイに浮上した。後半は我慢のゴルフとなり、17、18番は連続ボギーでフィニッシュ。それでも、首位に2打差と優勝に射程圏で最終日に挑む。

 今大会は32人が出場し、渋野と同組で回った2015、16年賞金女王のイ・ボミは7アンダーで単独首位に立った。

【賞金女王の条件】
渋野の場合
・優勝で鈴木が2位タイ以下
・2位で鈴木が10位以下、申が3位以下

鈴木の場合
・単独2位以上

申の場合
・優勝で鈴木が3位以下
・2位で鈴木が10位以下、渋野が3位以下

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集