[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

また体重超過ネリ、海外ファンも怒り爆発「ネリは終わってる」「重罪に処されるべき」

ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量に臨んだが、上限を1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした対戦相手の元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が条件面で合意せず、試合はキャンセルになった。海外ファンは「ネリは終わってる」「恥だ」「昇級して茶番を止めさせろ」と怒りを爆発させている。

ルイス・ネリ【写真:Getty images】
ルイス・ネリ【写真:Getty images】

ロドリゲス戦中止に「昇級して茶番を止めさせろ」と辛辣な声

 ボクシングのWBCシルバー・バンタム級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、前WBC世界バンタム級王者のルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量に臨んだが、上限を1ポンド(約450グラム)オーバーでクリアできず。一発クリアした対戦相手の元IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)が条件面で合意せず、試合はキャンセルになった。海外ファンは「ネリは終わってる」「恥だ」「昇級して茶番を止めさせろ」と怒りを爆発させている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシングの聖地でネリがスキャンダルを起こした。戦いの舞台となるはずだったラスベガス・MGMグランドで行われた前日計量。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で井上尚弥(大橋)に敗れたかつての無敗王者ロドリゲスは規定通りで計量をクリアする中、ネリは1回目の計量で規定を1ポンド超過してしまった。

 18年3月の山中慎介戦で大幅な計量オーバーとなっていたが、これを含め、昨年からだけで3度目の体重超過。7月のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦も前日計量で1度目で超過。この時には1時間後の再計量でパスしていた。またも犯してしまった体重超過に対し、海外ファンはツイッター上で怒りを爆発させている。

「またしても計量失敗」
「今回の最新の失敗で重罪に処されるべきだ」
「この期に及んで、なぜネリはバンタム級でウェートを作ろうとしているのか」
「ルイス・ネリは終わってる」
「最低でもネリにバンタム級を偽装させることだけは止めさせなければ。恥だ」
「ネリはバンタム級から永久追放だ」
「またしても汚れたインチキ野郎に成り下がった。ショックだ。1ポンドくらいの超過で利益があるかはわからないが、彼は許せない。イノウエがデッキチェアのように彼をボコボコにするだろう」
「またしても計量失敗だって? ネリを支援することはとんでもなく困難だ」
「ネリが1ポンド超過。またしてもだ。昇級して、この茶番を止めるべきだ」
「いつも通りのルイス・ネリじゃないか」

 山中との2度のタイトルマッチでドーピング違反と体重超過を犯し、WBCから無期限活動停止を命じられていた悪童ネリ。再三のトラブルに海外ファンも辛辣な声を上げていた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集