[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネア戦まであと10日 「調整順調」を強調「警戒は倍以上のキャリアだけ」

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が28日、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われる世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝に向け、横浜市内の所属ジムで練習を公開。19日まで週1回、練習を公開してきたが、先週はなし。残り10日で公式行事がスタートし、決戦までのカウントダウンが始まった。

ドネア戦への意気込みを語った井上尚弥(中央)【写真:浜田洋平】
ドネア戦への意気込みを語った井上尚弥(中央)【写真:浜田洋平】

WBSS決勝のドネア戦へ公式行事がスタート、大橋ジムで練習公開

 ボクシングのWBA・IBF世界バンタム王者・井上尚弥(大橋)が28日、11月7日にさいたまスーパーアリーナで行われる世界5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)とのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝に向け、横浜市内の所属ジムで練習を公開。19日まで週1回、練習を公開してきたが、先週はなし。残り10日で公式行事がスタートし、決戦までのカウントダウンが始まった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 いよいよ世界が注目する一戦まで10日となった。注目度の高い試合は追加分も合わせてチケットは完売。恒例のチームTシャツも完成し、陣営内でもムードが高まってきた。練習前に会見した井上は、心境を語った。

「本当に世代交代だと思う。テクニックを盗んできた相手ですし、決勝で戦えるのは誇り」と敬意を示した一方で「決勝で対戦相手もドネア。凄く思いは強いですが、いつも通り試合をこなすだけ」と高ぶる気持ちを抑えるように語った。状態については「もうコンディションはできあがっている。トレーニングも予定通り順調。あとは疲れを抜いて残りをやるだけ」とアピールした。

 自身が高校時代から世界で活躍するドネアは、憧れの存在。2014年12月に2階級制覇を達成したナルバエス戦前には、対策を伝授してもらった。「フィリピンの閃光」の異名を持つドネアの左フックは最大限の警戒が必要になる。

「KOでも、判定でもどっちに転んでもいいように準備している」と語った井上は「今後のキャリア1番の試合になる。警戒するのは倍以上あるキャリアだけ。それだけを警戒している。それは侮れないです。やることをやれば結果はついてくる」と話した。

 同日同興行では、正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)と井上の弟で暫定王者の拓真(大橋)が王座統一戦(さいたまスーパーアリーナ)を開催する。29日には拓真が練習を公開し、相手選手たちも続々と公開予定。公式会見や前日計量などの公式行事が控え、最初はホームでドネアとのビッグマッチに臨むモンスターの練習で幕を開けた。ファンにはたまらない一戦となるだろう。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集