[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「やぁ、世界」 張本&伊藤の“最年少コンビ”に海外注目「ハロー、Z世代」

卓球のチェコオープン(オロモウツ)は、男女シングルス・ダブルスのうち日本勢が3種目を占有した。とりわけ、インパクトを残したのが、14歳の張本智和(エリートアカデミー)と16歳の伊藤美誠(スターツSC)だ。卓球界の将来を担っていくであろう若き逸材2人を、ITTF(国際卓球連盟)も特集。公式サイトで「新時代が到来したぞ」と報じている。

テニスやアメフト、ボクシングではベテランが活躍も卓球界では14歳と16歳が躍動

 卓球のチェコオープン(オロモウツ)は、男女シングルス・ダブルスのうち日本勢が3種目を占有した。とりわけ、インパクトを残したのが、14歳の張本智和(エリートアカデミー)と16歳の伊藤美誠(スターツSC)だ。卓球界の将来を担っていくであろう若き逸材2人を、ITTF(国際卓球連盟)も特集。公式サイトで「新時代が到来したぞ」と報じている。

 張本智和と伊藤美誠——。2人の共通点は、チェコ・オープンのシングルス覇者であり、それぞれ男子のツアー最年少V(14歳61日)と女子の同優勝(14歳152日)の記録保持者だということ。張本は伊藤の記録を大きく更新する形で、男女を通じて最年少として卓球界の歴史に名を刻んだ。

 ITTF公式サイトも「ハロー、Z世代」とのタイトルで記事を掲載。主に1995~2008年に生まれた若い年代を差す「Z世代」との言葉を用い、日本が誇る2人の天才を大々的に取り上げている。フォーカスしているのは、他競技との決定的な“違い”だ。

 テニス界では36歳のロジャー・フェデラー(スイス)がウィンブルドン制覇で19回目のグランドスラム優勝を果たし、アメフト界では40歳を迎えるNFLニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバック、トム・ブレイディが昨季のスーパーボウル優勝&MVPを達成。ボクシング界では40歳の元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が、米総合格闘技UFC2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)を破ってデビュー戦から50連勝の偉業を成し遂げるなど、いわゆる“ベテラン”が依然として第一線に君臨している。

 しかし、記事では「卓球界は異なる」として、張本のチェコ・オープンでの活躍について言及している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集