[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは大阪で何が変わったのか 15歳から知る“恩師”は「心の成長」を見た

テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は22日、シングルス決勝を行い、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-2、6-3で大会初優勝。1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目で、故郷・大阪のファンに復活を印象付けた。15歳から大坂を知り、今大会もサポートした吉川真司コーチが大会中に取材に応じ、大坂の凄さと成長を明かした。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

15歳から大坂を知る日本協会・吉川コーチが明かした凄さ「試合中に相手を見る力」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は22日、シングルス決勝を行い、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-2、6-3で大会初優勝。1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目で、故郷・大阪のファンに復活を印象付けた。15歳から大坂を知り、今大会もサポートした吉川真司コーチが大会中に取材に応じ、大坂の凄さと成長を明かした。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 大坂は今大会4試合で全てストレート勝ち。1月の全豪オープン以来、決勝から遠ざかっていたが、盤石の強さが光った。1年ぶりの日本での試合、舞台は3歳まで過ごした生まれ故郷の大阪。吉川コーチは母国での試合が復調の起点になることを期待していた。

「いいプレーをしたいという気持ちもあると思うし、そこがいい緊張感と、いい集中につながっているというのは間違いない。日本でプレーして、今のテニスをやっていくという点では、去年とは違う立場で大会を迎えているので、改めていいきっかけになっている」

 不振が続いた日々から脱却した大坂。18日の初戦は、世界ランク181位のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)に7-5、6-4で勝利を収めた。序盤はミスが目立ち、リズムを掴めなかったが、ラリーを重ねるにつれて得意のハードコートに対応。吉川コーチは「彼女は学習能力の高さがピカイチ。『コートがこれくらいの状況ならこれでいい』とわかれば、手放すことはない。なので、コートやボールの状況は掴んでいる。試合中に相手を見る力があるので、その中から相手に通じる部分を選ぶ」。徐々に各大会の環境に適応し、大会を通して状態を上げていく姿に強さがあった。

 同36位ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)との準々決勝。これまで芝コートを生かしたスライスに苦戦してきた相手のスタイルを攻略し、過去3戦全敗だった天敵を倒した。その中で序盤は主導権を握りつつも、途中で自らのミスや相手の反撃で差が縮まる場面もあった。流れを失いかけても、最後まで手放さない。ミスが続く“不調”の時間帯が少なくなった大坂に、吉川コーチは成長を見た。

「相手もトリッキー。惑わすのがうまい選手。(調子の)バランスを持ち続けることが大事ですけど、やっぱり1試合あれば、どの試合でも(調子が)どちらかに少し傾くことは絶対にある。それまできっちりリードしてきたのが、結果としては大きく残らなかった(大差にならなかった)ので、その(調子のいい)時間が長くなっている点が勝ちにつながっている」

 初戦は40%台だったファーストサーブの成功率が、準決勝では63%に上昇。同コーチが「これが大事だと思ってやっている部分がある」と話す通り、しっかり修正して決勝に駒を進めた。21日は準々決勝と準決勝のダブルヘッダー。合計166分の試合でハイレベルなプレーを続け「ダブルヘッダーは本当に珍しいので、逆に試される。2試合通して、パフォーマンスを高いレベルで安定させないといけない。大阪での2試合は非常に高いものになっている」と、うなずいた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集