[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは大阪で何が変わったのか 15歳から知る“恩師”は「心の成長」を見た

コートの父・フランソワ氏との会話は「目標が常に明確か確認」

 8月末に開幕した全米オープン前から、持ち前のパワーテニスに改良を加えてきた。縦回転をかけて高い位置から落とすショットの技術を磨いた。これまで不安定な精神面も加わりミスで自滅しがちだったが、安定感を得ようとしている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

「取り組んでいることが形になってきている。相手もこれだけの高いレベルのボールを確実に入れられると、プレッシャーになる。その小さなプレッシャーでの積み重ねが、大事なところでの相手のミスを引き出していたり、逆になおみがいいプレーをすれば、それでポイントが獲れる。特に(準決勝の)メルセンスとの試合はできていた」

 今月13日にコーチだったジャーメイン・ジェンキンス氏との契約解消を発表。今大会から父のレオナルド・フランソワ氏がサポートした。練習から2人で会話を多く交わし、その内容について吉川コーチは「彼女のテニスの方向性ですね。いつも同じところにゴールがあって、その上で一つ一つ何をするか。目標が常に明確になっているかという確認」と一端を明かした。

 ミスでポイントを失った瞬間にくるりと振り返り、次のサーブ、あるいはレシーブポジションに向かって歩き出す。ラケットを叩きつける瞬間もいくつかあったが、ほとんどの失点時は気持ちをすぐに切り替えようとしていた。一喜一憂の波が少なくなったのかもしれない。

 破壊力のあるテニスに、冷静さを兼ね備えつつある大坂。1月の全豪オープン以降は2度のコーチ変更、ウィンブルドン初戦敗退などを経験してきた。吉川コーチは「いろんな時期を過ごして、彼女自身、成長していますから。いろんな経験をして、心の幅が広がっていると思いますね。もちろん、テニスとリンクするところがありますし、彼女がそうやって少しずつ幅を広げていっている」と“心の成長”を実感した。

 すでに4大大会を2度制した「技」「体」は言うまでもなく、「心」も手に入れようとしている。成長を止めない21歳の未来は、大きく広がりそうだ。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集