[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、故郷大阪で凱旋V! 全豪以来8か月ぶり優勝、日本勢24年ぶり大会制覇

テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は22日、シングルス決勝を行い、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-2、6-3で大会初優勝を果たした。大会5度目の本戦出場で1995年の伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇。1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目となり、3歳まで過ごした故郷・大坂のファンに復活を印象付けた。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

1995年伊達公子以来の大会制覇、4試合全てストレート勝ちでツアー4勝目

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は22日、シングルス決勝を行い、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-2、6-3で大会初優勝を果たした。大会5度目の本戦出場で1995年の伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇。1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目となり、3歳まで過ごした故郷・大坂のファンに復活を印象付けた。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 決勝カードは昨年、一緒に練習をしたこともある間柄の2人。唯一の対戦となった2017年10月の香港オープン準々決勝では、大坂がストレート負けを喫した。2年間の成長を見せたい第1セット。第1ゲーム、187キロのサービスエースで約5000人の観衆の度肝を抜くと、第2ゲームにはリターンエースなどを決めてブレーク。第3ゲームはラブゲームで締め、3ゲーム先取で主導権を握った。

 5-2の第8ゲームは、猛チャージをかけてきた相手を華麗にさばくロブショットを披露。ライン際にポトリと落とし、スタンドをどよめかせた。6-2で第1セットを先取。第2セットも勢いは止まらない。1-1の第3ゲーム。195キロの高速サーブでエースを奪えば、左右に揺さぶって相手を翻弄。このゲームを奪うと「カモーン!」と叫んで左拳を握った。

 終始センターコートを制圧した大坂。自国のスターがチャレンジ(映像判定)を要求すれば、ファンは手拍子をとって盛り立てる。「大阪で大坂が勝つのはいいこと」とちゃめっ気たっぷりに意気込んだ通り、完全ホームのセンターコートで戦い抜き、見事期待に応えてみせた。

 2月にコーチだったサーシャ・バイン氏を解任し、米国テニス協会のナショナルコーチだったジャーメイン・ジェンキンス氏と契約。しかし、全仏オープンは3回戦で、ウィンブルドンは1回戦で、連覇を狙った全米オープンも4回戦で敗れた。「何かリセットしたいものがあった」と今月13日にジェンキンス氏との契約解消を発表。「私のテニスを一番よく知ってくれている人。何よりも自分にとって最愛の人」と今大会から父のレオナルド・フランソワ氏がサポートしている

 これまで精神面の不安定さを見せてきたが、この日は盤石の試合運びで圧巻の強さを披露。持ち前の破壊力という武器に、冷静さを持ちつつある21歳。「全豪オープン以降はいろんな環境に立たされてきたけど、アジャストしてきている」と成長を実感する通り、自信も持って臨んだ大会での優勝だった。

 18日の初戦は、同181位のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)に7-5、6-4で勝利を収めた。20日の雨天順延により、21日は同36位ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)との準々決勝、同24位エリーゼ・メルテンス(ベルギー)との準決勝はダブルヘッダー。ともにストレート勝ちで決勝に進出していた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集