[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「いかに日本を強く愛せるか」 日本代表リーチ主将が明かすラグビーW杯の鍵

チームとして動けるかが大事、と話すリーチマイケル【写真:mika】
チームとして動けるかが大事、と話すリーチマイケル【写真:mika】

「なりたくなかった」代表キャプテン、今では「桜のジャージは誇りです」

 2014年、当時のエディ・ジョーンズHCからキャプテンの大役を任された。日本国籍を取得したとはいえ、ニュージーランドで生まれ育った事実は変わらない。「なりたくなかった。純粋な日本人じゃないし、最初の頃はすごく気にしました」と苦笑いを浮かべる。だが、腹を括ってキャプテンを拝命。一旦引き受けた責任は全力で果たすのがリーチ流だ。「やり始めてからは気にしなくなった。今は全然意識していません。桜のジャージは誇りです」と言うと、厚い胸板をさらに前に突き出して、誇らしげな表情を浮かべた。
 
【特集】「いかに日本を強く愛せるか」 日本代表リーチ主将が明かすラグビーW杯の鍵 / ラグビー リーチマイケル選手(GROWINGへ)

 ワールドカップに向けて最終調整の場となるパシフィックネーションズ(PNS)では、初戦のフィジー戦(釜石)に34-21で快勝すると、続くトンガ戦(花園)では41-7の完勝を飾った。選手誰もがきつかったと振り返る直前の宮崎合宿での成果、そして2015年の前回大会で見つけた課題を乗り越え、進化したジョセフジャパンの形が見えた瞬間だった。

 4年前のイングランド大会では、南アフリカ代表に34-32で勝利する番狂わせを演じた。今大会でも同プールとなったスコットランド代表に敗れたものの、3勝1敗の堂々たる成績を残した。だが、日本は得失点差で涙を呑み、決勝トーナメント進出を逃した。周囲からは得点力不足を指摘する声が多く上がった中、リーチは戦いの中に身を投じた選手にしかわからない課題を挙げた。

「一番の課題は、疲れた時にいかに高い精度のプレーができるか。言うのは簡単だけど、実際に行動に移すのは大変です。疲れた時は周りの状況を考えないで、どうしても個人プレーになってしまう。連携できなくなれば一気にやられちゃう。あと、しんどい時は先のプレーを予測する能力も落ちます。でも、強いチームはそこが強い。疲れた時にチームとして動けるかどうかが大事です」

 選手の自主性を重んじるジョセフHCの下、自ら感じた課題の解決に取り組んだ。疲れた時にもうひと踏ん張り。その意識をチームに徹底させた結果、「だいぶ上がってきています。世界トップクラスのところまで来ている」。PNSでの戦いぶりを見ても、リーチの見立てが間違っていないことは明らかだ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集