[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菊谷崇×廣瀬俊朗・前編 「サッカーの6倍」!? 意外な注目はアルコール消費量

4大会連続出場のトンプソン・ルーク【写真:Getty Images】
4大会連続出場のトンプソン・ルーク【写真:Getty Images】

2人の注目選手は意外なベテランで一致?

 ――お2人もキーとなる試合と見ている初戦。やはり独特の緊張感があると思いますが、実際にどういった心境で臨むのでしょうか。

菊谷「スターティングメンバーの15人の中で、何人がW杯を経験しているのか。多くが経験してるわけじゃない。4年に1回でなおかつ日本での試合。当然緊張して、普段やっていることができない。体が動かないこともあるかもしれない。いい意味で、その緊張感にうまく乗って行けるのか。プレッシャーでガチガチになるか。勝てば日本はより盛り上がるし、負ければよりプレッシャーに感じる。普段のW杯よりも、初戦の意味合いが違ってくるのではないか。俊朗は前回大会の初戦はどうだった?」

廣瀬「事前に、負けるとW杯がなくなるかもしれないという報道もあったんですよね。しかも相手が南アフリカ。そういう意味でのプレッシャーはあったけど、ただ逆に良かったところもあった。負けて当たり前だし、気持ちとしては入りやすかったかもしれません。

 初戦の前日もエディーさんに怒られたんですよね。報道陣がいるから見せるなと言っているのに、(リーチ・)マイケルがストレッチを始めた。そうしたらエディーさんが怒って……」

菊谷「らしくていいね(笑)」

廣瀬「普段通りといえばそう。コーチの方が緊張してたのかもしれない。僕らの方が大丈夫だったのかなと。でも、メンタルの準備は大事。アナリストの人が、そこで映像見せてくれた。4年間の軌跡をまとめたもので、やっぱり気持ちは入りました」

――前回大会では五郎丸歩という国民的なスターが生まれました。今大会でお2人が注目する選手を教えてください。

菊谷「キャプテン(リーチ・マイケル)はやっぱり注目ですけど……。あとはトンプソン・ルーク。おじいちゃんに頑張ってもらおうと(笑)。これで4大会連続出場。年齢は僕の一つ下(38歳)かな」

廣瀬「すごいですよね」

菊谷「いいプレーするからね。後半はばててるけど(笑)。間違いなくおじさん世代に夢を与えている」

廣瀬「田村優はそうですし、両ウイング(福岡堅樹、松島幸太朗)も。松島はボールタッチや自分で抜いていく場面も増えたし、見ていて面白いなと思っています」

菊谷「あとは、テレビが誰にどれだけフォーカスするか(笑)。前回にしても、五郎(丸)だけが活躍した試合ではない。その意味では誰にでもスターになる可能性があります」

廣瀬「ファンもメディアも、誰かをおっかけたいんじゃないですか」

菊谷「今はどの選手も認知度がある。一般への認知度なら、前回は五郎(丸)が0から100だったけど、今回はもうある程度の選手が、60~80くらいは認知されている。街を歩いていても、トンプソン・ルークの旗があったり、選手の認知度は前回より増している。あとは誰がヒーローとして吊るし上げられるのか(笑)。

 ラグビー人気を出すためには、男前で爽やかなやつが活躍するのがいいのでは(笑)。そうなると姫野(和樹)とか、田村優とかいいんじゃないですか」

廣瀬「僕は中村亮土や、山中(亮平)。前回出られなかったですし。このあたりが一皮むけてほしいなと注目しています」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集