[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、屈辱の4連敗に揺らぐ自信「凄く痛手」 中国メディアは八村不在の影響を追及

バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ3戦全敗となった世界ランク48位の日本は7日、同38位・ニュージーランドとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、81-111で敗れた。NBAウィザーズの八村塁が膝の不調と疲労、主将のPG篠山竜青が左第1趾末節骨骨折で残り試合を欠場。10人で懸命に戦ったが、W杯初の開幕4連敗となり、前回大会のスペイン戦(104失点)を上回る日本の大会歴代最多失点となった。

フリオ・ラマスHC【写真:Getty Images】
フリオ・ラマスHC【写真:Getty Images】

警戒したNZの3ポイントで54失点、ラマス監督「また不甲斐ない結果に…」

 バスケットボールのワールドカップ(W杯・DAZNで生配信)で1次リーグ3戦全敗となった世界ランク48位の日本は7日、同38位・ニュージーランドとの順位決定戦(東莞・東莞藍球中心)を行い、81-111で敗れた。NBAウィザーズの八村塁が膝の不調と疲労、主将のPG篠山竜青が左第1趾末節骨骨折で残り試合を欠場。10人で懸命に戦ったが、W杯初の開幕4連敗となり、前回大会のスペイン戦(104失点)を上回る日本の大会歴代最多失点となった。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 次々と3ポイントシュートを放つニュージーランドに大量失点となった。40分間で33本を放たれ、18本がリングに吸い込まれた。2ポイントシュートは34本中21本成功。日本は3ポイント11本を沈めたが、2ポイントは46本中14本しか入らなかった。日本のフリオ・ラマス監督は試合を振り返った。

「今日もまた不甲斐ない結果になってしまいました。NZの方が良いプレーをしていました。彼らは得点を確率良く決め、私たちはそこまで得点を決めらずに負けてしまいました」

 元NBAのファジーカス・ニックが31得点と奮闘。大黒柱の八村を失ったものの、穴を埋めようと健在ぶりを見せた。しかし、公式会見では、冒頭の質問で中国メディアが「八村塁選手のいない影響についてはいかがですか?」と追及。ラマス監督は「彼(八村)は本当に特別な選手。我々はこのW杯で八村ととも戦うことがもうできない。彼の代役がいるかどうかが重要」などと語った。

 1次リーグでは、八村の豪快ダンクなど派手なプレーに、中国ファンは大歓声とともに拍手を送っていた。バスケ人気の高い中国では、日本のエースが不在となったことも注目点の一つ。中国メディアは「多くの異なる守備戦術を使っていた」と戦術面にも触れ、ラマス監督は「最も重要なことは、それをうまくできるかどうか。今日は様々なディフェンスを試みたが、うまくプレーできなかった。もちろんニュージーランドはいいチームです。ピック・アンド・ロールのディフェンスなどを試みたが、十分ではなかった」とした。

 ニュージーランドが遠距離砲を得意としていたことは、強化試合で対戦した時に痛感したはず。指揮官も警戒ポイントに挙げていただけに、3ポイントシュートで54失点となった原因を分析した。

「それがニュージーランドのスタイルだと思う。我々の問題というよりも、全ての試合で3ポイントを30本くらい打っている。彼らは昔からこういうスタイルで、それに苦しめられた。監督が現役だった昔からもやっていて、その頃からこのスタイルを維持している。なかなか手ごわい。もちろん、我々にも問題があった。そのスタイルを知っているのにも関わらず、止められなかったのは我々のミスです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集