[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ボルト、「疑問を持つ人々」に全治3か月の診断結果を発信「いつもの俺なら…」

ボルト、「疑問を持つ人々」に全治3か月の診断結果を発信「いつもの俺なら…」

人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となった。その怪我の状況について、ボルトが自身のツイッターで「全治3か月」だと明らかにした。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版などが報じている。

「負傷していないのではないか」…“疑惑”の声に対してツイッターで詳細公表

 人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、陸上の世界選手権・男子400メートルリレーのレース中に左太もも裏の痙攣を起こし、ラストランは途中棄権という悲劇の結末となった。その怪我の状況について、ボルトが自身のツイッターで「全治3か月」だと明らかにした。米スポーツ専門誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版などが報じている。

 男子100メートルでジャスティン・ガトリン(米国)との接戦の末に銅メダルに終わり、自身最終種目となった400メートルリレーはすべてを懸けるラストランだった。しかし、アンカーを務めたボルトを、走り始めてすぐに異変が襲う。苦悶の表情を浮かべると、足を引きずるような素ぶりでコース上に倒れ、幾多の栄光を刻んできたトラックに突っ伏した。医療スタッフ、チームメイトが駆け寄ってもしばらく立ち上がれなかった。

 競技後にはジャマイカチームから「招集所が寒すぎた」と大会運営に疑問を呈す言葉が出ると同時に、ボルトには「負傷していないのではないか」という“疑惑”の声が挙がった。引退後に派手なシャンパンパーティーに興じていたこともその一因となったのかもしれないが、米国で最も権威のあるスポーツ総合誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版によれば、ボルトは17日に自身のツイッターで怪我の詳細を公表したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー