[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本がブルガリアOPで快挙 石川佳純ら男女全員が白星発進「パーフェクトな1日」

日本がブルガリアOPで快挙 石川佳純ら男女全員が白星発進「パーフェクトな1日」

卓球のブルガリアオープン(パナギュリシテ)が17日に開幕した。女子ではシングルス世界ランキング7位の石川佳純(全農)、同11位の伊藤美誠(スターツSC)らが順当に勝利し、男子も世界ランク16位の松平健太(木下グループ)がストレート勝ちを収めるなど全員が白星発進。男女のシングルス、ダブルスで全試合に勝利したことを受け、国際卓球連盟(ITTF)も「日本にとってパーフェクトな1日」と報じている。

ブルガリアオープン初日、日本勢全試合勝利に国際卓球連盟も特集

 卓球のブルガリアオープン(パナギュリシテ)が17日に開幕した。女子ではシングルス世界ランキング7位の石川佳純(全農)、同11位の伊藤美誠(スターツSC)らが順当に勝利し、男子も世界ランク16位の松平健太(木下グループ)がストレート勝ちを収めるなど全員が白星発進。男女のシングルス、ダブルスで全試合に勝利したことを受け、国際卓球連盟(ITTF)も「日本にとってパーフェクトな1日」と報じている。

 日本は、この上ない大会のスタートを切った。

 女子は、石川佳純がイヴェタ・バチェノフスカ(チェコ)を4-1で撃破し、伊藤もエミナ・ハドジアームタビック(ボスニア・ヘルツェゴビナ)にストレート勝ち。笹尾明日香(横浜隼人高)は2ゲームを先取される苦しい展開を強いられたが、激闘を制して4-3で逆転勝利を飾るなど、シングルス本戦に出場した16選手が全員2回戦に駒を進めた。

 一方の男子も、松平健太、吉村真晴(名古屋ダイハツ)がストレート勝ちを果たすなど、11選手が勝利。ITTF公式サイトは「日本にとってパーフェクトな1日」と特集し、「320回目となるITTF国際大会の初日、男子シングルでは11人の日本人選手、女子シングルでは16人の日本人選手がコートに立った。驚くべきことに、誰一人として敗北を経験することはなかった」と報じている。

 初日の結果は以下の通り。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー