[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米女王14歳リウがJGPデビュー 貫禄首位の69.30点に米記者称賛「勇ましいSP」

フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦・米国大会は30日、昨季シニアの全米選手権を制した14歳アリサ・リウが国際大会デビュー。69.30得点と圧巻の演技でSP首位発進を飾った。

SPで首位につけたアリサ・リウ【写真:Getty Images】
SPで首位につけたアリサ・リウ【写真:Getty Images】

ジュニアGPで国際大会初戦「プレッシャーは気にしていなかった」

 フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦・米国大会は30日、昨季シニアの全米選手権を制した14歳アリサ・リウが国際大会デビュー。69.30得点と圧巻の演技でSP首位発進を飾った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 シニアの全米女王がジュニアのGPシリーズで貫禄を見せつけた。リウは冒頭の3回転ループをキレイに決めると、2回転アクセル、3回転ルッツ―3回転トウループも含め、質の高い演技を披露。ジャンプだけでなく、音楽と調和した表現力を見せ、69.30点で堂々の首位発進となった。

 NBCスポーツなどに寄稿する米国のリン・ラザーフォード記者は「アリサ・リウのトリプルルッツを入れた勇ましいショート―トリプルトウループ。トリプルループ、スプレッドイーグルからのダブルアクセルと圧巻のスピンで69.30もの高得点」と称賛。昨年のジュニア選手権を制したアンナ・シェルバコワ(ロシア)のSPは当時72.86点だったことも紹介した。

 また、本人が演技後に「プレッシャーは気にしていなかった。そういうの好きなのかもしれない」と語ったことも伝えている。大注目の中で国際大会デビューを飾った14歳。先週は非公認大会ながら4回転ルッツを着氷させて話題を呼んだが、ここからどんな成長を見せるのか。今季の注目ポイントの一つとなりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集