[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カナダ国籍取得の出口クリスタが感謝の初V 届いた日本の声援「思ったより大きくて力になった」

柔道世界選手権の3日目が27日、東京・日本武道館で行われ、カナダ国籍を取得した女子57キロ級の出口クリスタ(日本生命)が延長戦の末に技あり(谷落)を奪い、金メダルを獲得した。決勝では高校時代からのライバルだった日本代表の芳田司(コマツ)に勝利。昨年大会は準決勝で敗れた相手に借りを返した。

出口クリスタ【写真:Getty Images】
出口クリスタ【写真:Getty Images】

2年半前に国籍変更を決断、日本開催で初の世界女王「声援ありがたかった」

 柔道世界選手権の3日目が27日、東京・日本武道館で行われ、カナダ国籍を取得した女子57キロ級の出口クリスタ(日本生命)が延長戦の末に技あり(谷落)を奪い、金メダルを獲得した。決勝では高校時代からのライバルだった日本代表の芳田司(コマツ)に勝利。昨年大会は準決勝で敗れた相手に借りを返した。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 序盤から技を掛け合う緊迫した展開。積極果敢に攻める芳田に対し、出口は守勢に回った。残り32秒で出口に指導が付く。決着は4分ではつかず、ゴールデンスコア方式の延長に突入した。芳田の応援団からは「行け、行け、芳田!」とリズムよく手拍子が鳴る。なかなか攻勢に転じられない出口は、延長1分30秒で寝技から腕を取られた。

 必死で守ると、続く同2分11秒には芳田に指導が付いた。直後の同2分26秒に出口が谷落で技あり。計6分26秒の火花散る戦い。出口はほっとした表情で呼吸を整えて畳を降りる。互いに送られた大歓声の中で勝敗が決し、観戦に訪れた大相撲の横綱・鶴竜も拍手で両者の健闘を称えた。

 カナダ出身の父と日本人の母を持ち、長野生まれ。地元の誠心館道場で柔道を始めた。松商学園高時代は全日本ジュニアで芳田に勝って優勝。だが、次第に力で押す柔道が通じなくなり、大学では優勝から遠ざかった。芳田らが世界大会で結果を残す一方で、自分は16年講道館杯で2回戦敗退。五輪への夢を諦めかけた頃に、カナダ代表コーチからの誘いや支えてくれる周囲の後押しもあって、2年前に父の母国・カナダへの国籍変更を決断した。全ては夢の五輪に出場するためだった。

 出口は試合後、「なんとか金メダルを持って帰ることができてほっとしている」と安堵。ただ、カナダ国籍を取得して挑んだ日本開催の大舞台。「日本開催の試合は調子が良くないタイプ」という出口は「(国籍を)カナダにして、日本の観客の皆さんがどういう反応するか、いまいちわかっていない中での試合だった。思ったより声援が大きくて自分としてはありがたかった。力になりました」と国籍に関係なく声援を送ってくれたファンに感謝した。

 日本育ちの23歳。山梨学院大の途中までは日本の強化選手だった。世界ランク2位まで上り詰めて迎えた今大会。心ない声が聞こえた時もあったが、そんなものを吹き飛ばす世界一となった。

 今後に向けての決意も宿した。「今日の試合は反省しかない。いいところがなかった。課題を少しずつ克服して、万全の状態でいい試合ができるように練習していきたい。決勝は自分としては負けていたと思っているし、運で投げたと思っている。実力で投げられるように」とさらなる成長を誓った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集