[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大野将平、貫禄の3度目V 聞こえていた「大野は勝つだろう」の期待「重圧が力になった」

柔道世界選手権の3日目が27日、東京・日本武道館で行われ、男子73キロ級で2016年リオ五輪王者の大野将平(旭化成)が金メダルを獲得した。決勝でリオ五輪銀のオルジェフ(アゼルバイジャン)に内股で6試合をオール一本勝ち。2013、15年以来4年ぶり3度目の優勝を飾った。

大野将平【写真:Getty Images】
大野将平【写真:Getty Images】

五輪争い最激戦区の73キロ級「戦いは道半ばなので、それに満足はしない」

 柔道世界選手権の3日目が27日、東京・日本武道館で行われ、男子73キロ級で2016年リオ五輪王者の大野将平(旭化成)が金メダルを獲得した。決勝でリオ五輪銀のオルジェフ(アゼルバイジャン)に内股で6試合をオール一本勝ち。2013、15年以来4年ぶり3度目の優勝を飾った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 2回戦から登場し、ハンガリー選手に1分7秒で内股一本。3回戦はヨルダン選手に1分22秒内股で一本勝ちすると、4回戦では12年ロンドン五輪66キロ級金のシャフダトゥアシビリ(ジョージア)に1分45秒で大外刈りを決めて一本勝ちした。トルコ選手との準々決勝でも残り26秒に腕挫ぎ十字固めで一本勝ちを収める圧倒的な強さを見せた。

 準決勝は残り2分34秒には技ありを取ったが、ビデオ判定で取り消された。それでも攻めることをやめない五輪王者は掴んだ襟を離さない。何度も技を打ち、残り1分7秒にも技がかかり大歓声。しかし、またも取り消される結果になった。繰り返し流れる場内の映像に納得のいかない観客から「うそだろ!?」と不満の声を上げた。だが、最後は残り14秒で合わせ技一本を決めた。

 決勝は1分17秒で華麗な内股を決めて一本。日本の絶対王者が貫録を見せつけるオール一本勝ち。観戦に訪れた大相撲の横綱・鶴竜、照ノ富士らも立ち上がって拍手を送った。

 試合後、大野は「簡単ではないけど、自国開催だし、周りの『大野は勝つだろう』という期待の声をひしひしと感じていた。プレッシャーが力になった」と振り返った。絶対王者としての重圧を刺激にして掴んだ3度目の世界一。それでも、海老沼、橋本ら実力者がひしめく五輪争最激戦区とあって「73キロ級の戦いは道半ばなので、それに満足はしない」と表情を引き締めた。

 そして、五輪2連覇に向けても「簡単ではないと理解している。もう一度、引き締め直して、この場に戻ってきたい」と浮かれることなく、勝って兜の緒を締めた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集