[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ボルト「頼らずとも偉大になれると証明した」 引退会見で残した“最後の提言”

ボルト「頼らずとも偉大になれると証明した」 引退会見で残した“最後の提言”

人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、ロンドンで行われた陸上の世界選手権を最後に現役引退した。輝かしいキャリアに幕を下ろしたスーパースターは「ドーピング違反者には永久追放を」と“最後の提言”を行ったという。英地元紙「ガーディアン」が報じた。

引退会見で禁止薬物問題に「厳格さ」主張「ドーピング違反者には永久追放を」

 人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、ロンドンで行われた陸上の世界選手権を最後に現役引退した。輝かしいキャリアに幕を下ろしたスーパースターは「ドーピング違反者には永久追放を」と“最後の提言”を行ったという。英地元紙「ガーディアン」が報じた。

 五輪で8個、世界選手権で11個の金メダルを獲得した偉大な記録の持ち主は、最後の大舞台を栄光で飾ることはできなかった。

 ボルトは12日(日本時間13日)に行われた男子400メートルリレー決勝でジャマイカのアンカーを務めたが、左太もも裏の痙攣で途中棄権。100メートル決勝ではジャスティン・ガトリン(米国)に優勝を譲り、銅メダルに終わっていた。

 このレースで問題になったのが、ガトリンへの観衆の反応だ。薬物違反で2度の出場停止処分を受けた前科があり、客席からブーイングが起こった。国際陸連のセバスチャン・コー会長も「かつてドーピング検査で陽性反応を示したアスリートが、このスポーツ最大の瞬間に優勝して去る姿を目にすることは、あまり好ましく思っていない」と否定的な発言をしていた。

 一方、輝かしいキャリアで一度もドーピング疑惑をかけられることのなかったクリーンなボルト。記事によると、引退会見の場で薬物違反者についての質問が寄せられ、提言を行ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー