[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、ドネアと会見に登場 WBSS決勝は弟・拓真と初の兄弟世界戦と発表

ボクシングの大橋ジムは26日、都内のホテルで会見し、所属するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表した。WBAはドネアのスーパー王座と井上の正規王座の統一戦、IBFはタイトルマッチとなる。

都内で井上、ドネアの会見が行われた【写真:荒川祐史】
都内で井上、ドネアの会見が行われた【写真:荒川祐史】

「11.7」さいたまスーパーアリーナ、初の兄弟世界戦で頂点へ

 ボクシングの大橋ジムは26日、都内のホテルで会見し、所属するWBA&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が激突するワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)の決勝が、11月7日にさいたまスーパーアリーナで開催されることを正式発表した。WBAはドネアのスーパー王座と井上の正規王座の統一戦、IBFはタイトルマッチとなる。

【PR】「もっと早く出会っていれば良かった」― フクヒロペアも選んだスポーツブラ「CW-X」をさらに詳しく知るならこちら

 決戦を前に、井上とドネアが再会した。都内のホテルで行われた会見。先に尚弥、拓真が会場入り。後から入ったドネアが握手を求め、笑顔で対応した。紺のスーツにネクタイを締めた井上は大橋会長と並んで座り、米国から駆け付けたドネアはマネージャーであるレイチェル夫人を連れ立って出席した。

 井上はWBSS決勝について「今後、最大キャリアになる。次のキャリアにどんなに大切か自覚している。皆さんの期待もわかっています。自分が一番、戦いたかった選手。この決勝で戦えることが嬉しい。自分も持っている力を出し切り、優勝してアリトロフィーを獲得したい」とライバルを前に堂々宣言した。

 昨年10月に横浜アリーナで行われたフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦で井上が見せた鮮烈な70秒KO劇で開幕したバンタム級大会。一気に世界的に知名度を高めたモンスターは、事実上の決勝と呼ばれた今年5月の準決勝でも、無敗のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を259秒KOでリングに沈めた。世界のボクシングファンのみならず、選手や関係者までもその強さに注目を集めた。

 相手に不足はない。本場・米国で数々のビッグマッチを制してきた5階級制覇王者のドネア。昨年11月にライアン・バーネットを下し、WBAスーパー王座を奪取すると、4月の準決勝でもステフォン・ヤングを左フックでなぎ倒した。「フィリピンの閃光」と称される一撃必殺の左フックは36歳になっても健在。10歳年下の井上にとって過去最強の相手となる。

 5月にスコットランド・グラスゴーのSSEハイドロで行われた井上とロドリゲスの試合を、ドネアはリングサイドで観戦。試合後はリングに上がり、互いに顔を合わせるフェイスオフを行った。互いに敬意を払うように笑みを浮かべ、この日の会見で3か月ぶりの対面となった。

 さらに同興行では、尚弥の弟でWBC世界同級暫定王者・拓真(大橋)が、正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との王座統一戦を開催となることも発表された。拓真は「ようやく決まった統一戦ですし、久々に兄との試合。一緒にできることが嬉しい」と語り、気持ちを高ぶらせた。

「前から目標としていた兄弟のダブル世界戦。今まで以上に楽しみですし、負けられない。やっぱり過去最強の相手と言っても過言じゃない。好戦的で気持ちの強さもある。五輪も2回出ているし、過去一番強い選手。兄弟でバンタム級制覇も大きな意味合いがある。僕も正規王者になりたい気持ちもすごい強い。11月7日は兄弟でバンタム級を制覇したい」

 昨年12月以来の試合が初の兄弟ダブル世界戦となり、井上家にとって最高の一日にしたいところだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集