[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界1位・山口茜が初戦敗退の波乱 明らかだった腰痛の影響「スピードが出なかった」

バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は、20日に第2日を行い、女子シングルス世界ランク1位の山口茜(再春館製薬所)が、0-2(14-21、18-21)で世界ランク32位のヤオ・ジア・ミン(シンガポール)に破れる波乱があった。

初戦敗退を喫した山口【写真:平野貴也】
初戦敗退を喫した山口【写真:平野貴也】

世界ランク32位に敗戦、腰痛で調整遅れ「練習が十分にできていなかった」

 バドミントン世界選手権(スイス、バーゼル)は、20日に第2日を行い、女子シングルス世界ランク1位の山口茜(再春館製薬所)が、0-2(14-21、18-21)で世界ランク32位のヤオ・ジア・ミン(シンガポール)に破れる波乱があった。普段なら相手のショットを予測したかのように速いフットワークや、相手の意表を突くショットを見せる山口だが、この日は本調子から程遠く、レシーブで後手に回り、相手に攻められた。上から打ち下ろすショットも精度を欠いた。山口は試合後の取材対応で「常に相手のリズムで試合が進んでしまった。自分から積極的にいく部分が少なかったし、相手がほしいところに返さないようにできるところが少なかった」と主導権を握れなかった試合を振り返った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 不調の要因は、ハッキリしている。7月末のダイハツヨネックスジャパンオープンを優勝した後、熊本に戻ってから腰に痛みが出たために調整が遅れたという。山口は、7月にインドネシアオープン、ダイハツヨネックスジャパンオープンを2週連続で優勝。世界ランク1位に返り咲き、絶好調だった。しかし、大会開幕前日の19日に取材に応じた日本代表の朴柱奉ヘッドコーチが「ジャパンオープンの決勝戦の次の日から腰が痛いということで(世界選手権直前の)合宿では、フルメニューではできなかった」と負傷を抱えていることを明かし、状態が注目されていた。

 試合を見れば、負傷の影響があるのは、明らかだった。強打をほとんど打たなかった山口は「腰は、もう痛みはなくて多少の違和感が残っている程度ですが、やはり練習が十分にできていなかったので、スピードが出なかったり、足の運びがうまくいかなかったりした部分はあったと思う。痛いから強打できないというのではなく、常に後手になり、打つ状態に入れなかった」と説明した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集