[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野口啓代の五輪内定に「熱い戦い」 ライバル・野中生萌は痛み止め服用「治らない」

東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は20日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の女子決勝が行われ、野口啓代(あきよ・TEAM au)が日本人最上位の2位に入り、東京五輪代表に内定した。開催国枠のある競技を除き、新種目では五輪内定第1号。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定し、8選手で争われる決勝には日本勢4人が名を連ねていた。優勝はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、3位にはショウナ・コクシー(英国)が入った。

野中生萌は、総合5位で大会を終えた【写真:荒川祐史】
野中生萌は、総合5位で大会を終えた【写真:荒川祐史】

若きエース・野中は総合5位、五輪内定の野口を称賛「本当に心から嬉しい」

 東京五輪新種目のスポーツクライミング世界選手権(東京・エスフォルタアリーナ八王子)は20日、スピード、ボルダリング、リードの3種目を合わせた複合の女子決勝が行われ、野口啓代(あきよ・TEAM au)が日本人最上位の2位に入り、東京五輪代表に内定した。開催国枠のある競技を除き、新種目では五輪内定第1号。五輪代表は男女各2枠ずつあり、今大会7位以内の日本人最上位者が内定し、8選手で争われる決勝には日本勢4人が名を連ねていた。優勝はヤンヤ・ガンブレット(スロベニア)、3位にはショウナ・コクシー(英国)が入った。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 女子の若きエース・野中生萌(みほう・XFLAG)は、総合5位だった。ノックアウト方式のスピードでは、女子の第一人者・野口と対戦。五輪最有力候補の先輩に対し、8秒432の日本記録保持者が果敢に挑んで9秒760で勝利した。しかし、その後の2本は海外選手に連敗。4位でスピードを終えた。

「まだチャンスはある、まだチャンスはあると思いながら次に臨んでいた」

 2種目めのボルダリングは、第1課題を登り切れず。第2課題は3トライ目で最終ホールド(突起物)に手をかけ、息を切らしながら安堵の笑みを浮かべた。3課題中1つを完登し、4位で終えた。

 この時点で日本人2番手の総合5位。同2位の野口を追う展開で運命の最終種目・リードを迎えたが、中盤で落下して5位となった。総合5位で今大会での五輪内定はならなかったが、やり切ったような表情で観衆に手を振り「ミスが多くて、もちろん出し切ってはいるけど、もっといい形があったと思う。それが大会の難しさだと思う。スピードから始まる緊張感には慣れていないし、不安がある。半端じゃない。凄く緊張していました」と振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集