[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

進化する25歳、陸上男子200mで日本勢初の五輪決勝進出も

リオデジャネイロ五輪最終選考を兼ねた6月の日本選手権200メートルで、飯塚翔太(ミズノ)が日本歴代2位の20秒11で優勝し、2大会連続の代表入りを決めた。

飯塚翔太が日本歴代2位の好タイムで五輪へ、自己ベスト更新の要因とは

 リオデジャネイロ五輪最終選考を兼ねた6月の日本選手権200メートルで、飯塚翔太(ミズノ)が日本歴代2位の20秒11で優勝し、2大会連続の代表入りを決めた。ちょうど1年前の日本選手権200メートル決勝では、右太もも裏を負傷して途中棄権。レース中に足を引きずる痛々しい姿を見せていた。どん底からの再起には、生活習慣と走法の見直しがあった。

「こんなに気を使った1年はなかった」

 飯塚は感慨深げに振り返った。2度と負傷を繰り返さないため、まずは体質改善に取り組んだ。羊や馬など、高たんぱく・低脂肪の肉をメニューを取り入れ、食べる時間も吸収の悪い夜遅くを避けるように心がけた。

 6%前後だった体脂肪率が4%台に落ち、体のキレが増した。「レース後半が楽に走れるようになった。いけると思っていた」と振り返る。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集