[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

進化する25歳、陸上男子200mで日本勢初の五輪決勝進出も

世界でも十分戦える200m、「日本記録を出すまで終われない」

 走り方も改良を加えた。

 体の上下の体重移動を意識し、接地した地面から強い反発を得てスピードにつなげるフォームに変更。冬季の自主トレ期間、ライバルたちからは「今年の飯塚は良い。全然走り方が違う」と驚きの声が上がったほどだった。生活面と競技面を抜本的に改革し、自己ベストを大幅に更新する20秒11で五輪切符をつかんだ。

 200メートルは、選手層から見て世界でも十分戦える種目。日本人がなかなか破れずにいる100メートル公認9秒台の選手は、歴代113人(7月3日現在)いる。一方、200メートルの大台の19秒台は、59人しかいない(同)。飯塚の20秒11は、今季世界ランク10位タイの好記録。リオ五輪でも日本勢初の決勝進出が夢ではない。

 日本記録は末続慎吾が2003年に出した20秒03。体格とダイナミックな走りから「和製ボルト」と呼ばれる25歳の逸材は「日本記録を出すまで終われない」と虎視眈々、日本最速の称号を狙っている。

【了】

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集