[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「ヒデキが火を噴いた」 松山、“過去最高”の猛チャージに海外メディアも称賛

「ヒデキが火を噴いた」 松山、“過去最高”の猛チャージに海外メディアも称賛

海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待(米オハイオ・ファイアストーンCC、パー70)最終日は6日(日本時間7日)、2打差の4位から出た松山英樹(レクサス)が大会レコードタイとなる「61」をマーク。圧倒的なパフォーマンスを見せ、通算16アンダーで優勝を飾った。最終日に見せた「ヒデキ・チャージ」に、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」も称賛を送っている。

ブリヂストン招待、大会タイ「61」で逆転V「自分がプレーした中で最高のラウンド」

 海外男子ゴルフの世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待(米オハイオ・ファイアストーンCC、パー70)最終日は6日(日本時間7日)、2打差の4位から出た松山英樹(レクサス)が大会レコードタイとなる「61」をマーク。圧倒的なパフォーマンスを見せ、通算16アンダーで優勝を飾った。最終日に見せた「ヒデキ・チャージ」に、英衛星放送局「スカイ・スポーツ」も称賛を送っている。

 松山が神がかり的プレーで実力者ぞろいの大会を制した。

 2番パー5でグリーン奥から圧巻のチップインでイーグルを奪うと、3番、6番、9番とバーディー。アウトに入ってもボギーを叩くことなく、16番から3連続バーディーで締めくくり。1イーグル、7バーディー、ノーボギーと抜群の安定感で、2位ザック・ジョンソン(米国)に5打差をつける快勝劇を飾った。

 5位にロリー・マキロイ(英国)、13位にアダム・スコット(オーストラリア)、ジョーダン・スピース(米国)といった実力者が並ぶなかでの逆転V。これは「スカイ・スポーツ」も大きく報じており、「ヒデキ・マツヤマ、ファイアストーンで61の“火を噴き”、大きな勝利をものにした」とのタイトルで速報した。

 記事では「フロントナインで30という素晴らしいスコアで、ファイアストーンカントリークラブでのトーナメントをコントロールした」と圧巻のプレーを見せた松山の各ホールでのプレーぶりを詳細に振り返りつつ、試合後、通訳を介してコメントした本人の談話も紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー