[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「20秒の奇跡」 マンU、壁11人の大ピンチから電光石火のゴール奪取に大反響

「20秒の奇跡」 マンU、壁11人の大ピンチから電光石火のゴール奪取に大反響

プレミアリーグに所属する世界的名門クラブのマンチェスター・ユナイテッド(英国)が、親善試合でサンプドリア(イタリア)と対戦。試合が沸いた瞬間の一つが、フリーキックの壁にGKとフィールドプレーヤーの全11人が並んだ状態から、わずか20秒でゴールを奪った電光石火のカウンターだ。Youtubeの公式チャンネルでハイライト映像が公開されると、英メディアでも一斉に特集され、話題となっている。

間接FKに全員で守備、防いだ直後にスピードに乗ったカウンターアタックで反撃

 プレミアリーグに所属する世界的名門クラブのマンチェスター・ユナイテッド(英国)が、親善試合でサンプドリア(イタリア)と対戦。試合が沸いた瞬間の一つが、フリーキックの壁にGKとフィールドプレーヤーの全11人が並んだ状態から、わずか20秒でゴールを奪った電光石火のカウンターだ。Youtubeの公式チャンネルでハイライト映像が公開されると、英メディアでも一斉に特集され、話題となっている。

 “赤い悪魔”が迎えた絶体絶命の大ピンチが、一瞬にして歓喜の瞬間に変わった。

 前半7分、オランダ代表DFデイリー・ブリントの不用意なバックパスにスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが好反応を見せるも、ゴールに向かうボールを手で防がざるを得ず、サンプドリアに間接フリーキック(FK)を献上してしまう。

 キックポイントはゴールからおよそ6メートルしか離れていない超至近距離。マンチェスター・Uの選手は次々とゴール前に集結し、最終的に試合に出場している全11人がゴールライン上に一列に並んだ。サンプドリアのFKを壁が身を挺してブロックすると、新たな“見せ場”が幕を開けた。

 ゴール前の混戦から右サイドに展開すると、一気にスピードアップ。エクアドル代表MFアントニオ・ バレンシアがサイドライン際で突破を仕掛け、ボールはアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを経由し、逆サイドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアンへと渡る。1タッチですかさず左足で中央へと折り返すと、クロスに走り込んできたムヒタリアンがドンピシャのタイミングでヘディングシュートを突き刺し、先制点を奪った。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー