[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元全米女王ワグナー、性的被害告白に米アスリート称賛の輪「あなたの勇気素晴らしい」

フィギュアスケートの14年ソチ五輪団体銅メダリストで全米選手権を3度制したアシュリー・ワグナーさん(米国)が、1月に自殺した元ペア選手のジョン・コフリン氏に性的暴行を受けていたと訴えた。

【写真:Getty Images】
【写真:Getty Images】

17歳当時の性的暴行を訴え、SNSに海外スケーター、他競技選手から続々反応

 フィギュアスケートの14年ソチ五輪団体銅メダリストで全米選手権を3度制したアシュリー・ワグナーさん(米国)が、1月に自殺した元ペア選手のジョン・コフリン氏に性的暴行を受けていたと訴えた。米紙「USAトゥデー」が伝えた。ワグナーさんは今回の告白について自身のSNSでも触れ、海外スケーター、アスリートから「あなたの勇気は素晴らしい」と称賛の輪が広がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 驚きの告白はフィギュア界に反響を広げている。1日に掲載された記事によると、ワグナーさんは17歳だった08年6月に米コロラド州で行われた代表合宿中のパーティーの後、眠っていたところ、コフリン氏がベッドに入り込み、キスをされたり、体を触られたりの被害に遭ったという。抵抗すると部屋から出て行ったが、当時は「恐怖のあまり身がすくんだ」と振り返っていた。

 記事では「#MeToo運動」が広まっていることに触れながら、ワグナーさんは「このようなことが誰にでも起こる可能性があると、知ることが重要だと思います」と今回の件を告白した理由を明かし、米スポーツ界で大きな反響を呼ぶことになった。さらに記事に合わせ、自身のインスタグラムを更新。笑顔でカメラを見つめる印象的な写真とともに、以下のようにつづっている。

「2008年に性的暴行を受けました。何が起きたのか、何を意味するのか理解できませんでした。みんな、もっとこのような経験を話す必要があると強く感じます。男性そして女性に対して、あまりに多く起こっていることです。次の世代のために、良くしていかなければいけません」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集