[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カギを握るのは「日本人選手」 “元祖留学生”ラトゥ志南利のこだわりと理想

95年のW杯アイルランド戦では敗戦チームから異例の最優秀選手に

 歴代日本代表の中でも、トライの危機を救う強烈なハードタックルや、強豪国相手でも負けないパワーで、常に日本代表を体を張って牽引してきた。「歴代最強のNO8」の呼び名もあるが、そのラトゥ氏が、あまたの国際試合でいまも最高の思い出と語るのが、95年ワールドカップのアイルランド代表戦だ。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 日本代表にとっては大会2試合目。プール戦の組み合わせから、初戦のウェールズ、そして、このアイルランドを倒して決勝トーナメント進出というシナリオを描いていた。だが、ウェールズには10-57と完敗。ここで勝てなければ、プール戦突破の夢が絶たれるという正念場だった。

「結局試合は28-50で負けたんですけど、チームとしてもいい試合だったし、僕はマン・オブ・ザ・マッチ(MOM=試合の最優秀選手)に選ばれた。ワールドカップで負けたチームからは初めてだと聞かされたので、すごく嬉しかった。この試合では、トライもしたし(トライの)アシストもした。タックルもすごくよかった」

 実は、この大会を最後に日本代表を引退することを心に決めていた。“引退試合”を先送りにするためには、アイルランドに勝つことが最低条件だったことも、ラトゥ氏の闘争心を燃え上がらせ、異例の敗戦チームからの選出という結果につなげた。

 実はMOMには、メダルや盾のような記念品はない。ラトゥ氏が受け取ったのは高級なワインひと箱だった。

「本当はボトルだけでも持ち帰れば(MOMを受賞した)いい記念品になったけど、試合からホテルに帰るチームバスの中で、チームのみんなで飲んじゃいました。ホテルに着いたときには、もう全部空っぽだった。(ボトルも)そのまま置きっぱなしでしたね」

 賞品はアルコールとともに消えてしまったが、ラトゥ氏がアイルランド戦、そしてワールドカップで得た自信と誇りが消えることはない。

 日本最強のNO8が、MOMに輝いた大会から24年の歳月が流れた。日本代表が目指す8強入りのためには、多くの選手がMOMに選ばれる活躍が欠かせない。ワールドカップ開幕が目前に近づく中で、桜のジャージーの後輩たちがラトゥ氏と同じ“美酒”を味わえるときを心待ちにしている。

ラトゥ志南利(らとぅ・しなり)
1965年8月25日、トンガ王国生まれ。同国から日本の大東大に留学し、NO8、FLとして活躍。2度の大学選手権優勝に貢献。同大在学中に日本代表入りし第1回から3大会連続でワールドカップに出場。通算32キャップ。三洋電機ラグビーで活躍後の02年に母校・大東大監督に就任(08年退任)。13年から同大学アドバイザー。11年に国籍をトンガから日本に変更して改名。長男・クルーガーも大東大でプレーして、現在パナソニック(前三洋電機)所属。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2 3 4

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集