[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「完璧だ」 WBO王者テテが絶賛する3つの長所「あれだけ小柄なのに…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でIBF・WBA王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。今大会は肩の故障でドネア戦の前に離脱した、“11秒KO男”WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は井上の基礎技術の高さ、着弾性能、ボディショットの3点を称賛。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

リング誌が特集、ライバルの11秒KO男テテが井上の強さを証言

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝でIBF・WBA王者・井上尚弥(大橋)は5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)と激突する。今大会は肩の故障でドネア戦の前に離脱した“11秒KO男”WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)は井上の基礎技術の高さ、着弾性能、ボディショットの3点を称賛。「パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強の1人」と脱帽している。米ボクシング専門誌「ザ・リング」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 森川ジョージ氏の描いた井上のイラストはボクシング界で権威を持つ米専門誌「ザ・リング」9月号の表紙を飾った。「聖書」と呼ばれる同誌で2度目の単独表紙となる栄誉だが、同誌は「モンスター創造論」と題して特集。様々な名トレーナーや世界王者、ライバルの井上に対する証言を紹介している。

 WBSS準決勝の5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦を肩の故障で棄権したテテも証言者として登場。名だたる世界チャンピオンを3試合計441秒でなぎ倒している井上に対し、テテはまず基礎技術の高さを評価した。

「彼は全てにおいて完璧にやってのける。あれだけ小柄なのに、彼は長身のファイターの攻略法を知っている。彼の技術とタイミングは完璧なんだ。それこそが、パウンド・フォー・パウンド(PFP)最強の1人たらしめているんだ」

 2017年11月に世界戦史上最速の11秒KO勝利を挙げたテテは、同階級の井上をボクシング界最強の一角と絶賛。その強みとして、技術とタイミングを挙げた。

「実現したら好試合になるだろうね。頭脳戦だよ。イノウエはとても賢いファイターだが、自分もそうだ。チェスの試合になるだろう。ミスを犯した方が代償を支払うんだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集