[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1度で2ゴール!? 元ブラジル代表FW、衝撃トリックPKに海外再仰天「これは色あせない」

海外サッカー、元ブラジル代表FWでかつてはJリーグでもプレーしたフッキ。25日に33歳の誕生日を迎えたが、過去に披露した伝説的なトリックPKが再び脚光を浴びている。海外メディアが動画つきで公開している。

ゼニト在籍時のフッキ【写真:Getty Images】
ゼニト在籍時のフッキ【写真:Getty Images】

元Jリーガーフッキの3年前の衝撃PKに脚光

 海外サッカー、元ブラジル代表FWでかつてはJリーグでもプレーしたフッキ。25日に33歳の誕生日を迎えたが、過去に披露した伝説的なトリックPKが再び脚光を浴びている。海外メディアが動画つきで公開している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 相手をあざ笑うようなコロコロPKや、チップキックと同じ要領で柔らかく蹴るパネンカ、軸足キック――。PKにも様々なバリエーションがあるが、こんな発想があったとは驚きだ。舞台は2016年、ロシアリーグ・ゼニトでのトレーニング中の出来事だ。

 フッキは短い助走からシュートするや、完全にGKの逆をついた……と思いきや、なんと履いていたスパイクだけを飛ばしたのだ。GKはフッキから見て左側に跳んでおり、右サイドはがら空き。フッキは悠々と靴の脱げた左足で、今度は本当にシュートを蹴りこみ、ネットを揺らしたのだ。

 まさかの“スパイクフェイント”。まんまとGKを騙すことに成功し、フッキは大はしゃぎだった。英スカイスポーツの公式インスタグラムは「誕生日おめでとう、ハルク! 彼がみんなを反対方向へと向かわせた、この場面を振り返ろう……」と祝福しつつ、衝撃PKに再脚光。ファンを再び仰天させている。

「これは違反に違いない」
「ヒーロー」
「ブーツはボールと同じ方向に行っているね」
「これは色あせない」
「才能の無駄遣い」
「2回得点」
「困惑するよ」

 公式戦だと得点とは認められないPK。あくまで練習中の一コマだが、何度見ても虜になる魅力があるようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集