[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、パッキャオ再戦機運にうんざり!? 持論展開「最後に笑うのは俺だ」

ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)は20日(日本時間21日)に行われたWBA世界ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)との統一戦で判定勝ち。同級史上最年長世界王者となった。いまだ、50戦無敗の伝説的王者、フロイド・メイウェザー(米国)との正規の再戦を望む声は根強いが、メイウェザーがインスタグラムを更新し、パッキャオへ、世論への思いをつづっている。

フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

パッキャオの王座統一をリングサイドで見届けたメイウェザーがSNSで胸中明かす

 ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)は20日(日本時間21日)に行われたWBA世界ウェルター級スーパー王者キース・サーマン(米国)との統一戦で判定勝ち。同級史上最年長世界王者となった。いまだ、50戦無敗の伝説的王者、フロイド・メイウェザー(米国)との正規の再戦を望む声は根強いが、メイウェザーがインスタグラムを更新し、パッキャオへ、世論への思いをつづっている。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 強敵サーマンを破り、ウェルター級統一王者の座についたパッキャオ。リングサイドではメイウェザーも“宿敵”の戦いぶりを見届けていた。

 2人は2015年5月に「世紀の一戦」として戦い、メイウェザーが判定で勝利。以降も度々、再戦が取りざたされている。こうした世論に対して、メイウェザーが持論を展開している。

「パッキャオの名前がメディアに持ち出されるたびに、私の名前も付いてくるのは皮肉だ。彼のレガシーやキャリアも私との関連の中で築かれたもの。何年もの間、『フロイドはマニー・パッキャオを恐れている』と耳にしてきただろう。

 しかし面白いのは、我々が実際に戦ったら、俺が容易く勝ってしまった。みんな前言を撤回しなければならなかったんだ! 俺がロッキー・マルシアノの記録を破り、黒人で、高校を中退した者に出し抜かれたことに動揺しているのだろう。最後に笑うのは俺だ」

 854字の長文でメッセージを送った。現在40歳のパッキャオは次戦が来年になることを示唆している。メイウェザーもボクシングのリングには2017年以来上がっていない。当時の対戦相手もUFCのコナー・マクレガー(アイルランド)で、純粋なボクサー相手に最後にリングに上がったのは2015年だ。両者が再び交わることはあるのか――。一つ確実なのは、実現するなら巨額のマネーが動くということだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集