[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

戦慄の“5秒失神KO” 勝者マスビダルは敗者を酷評「彼に相応しいものを与えた」

米国の総合格闘技UFCで生まれた史上最速のKO劇。ジャンピングニーがもろに直撃し、開始わずか5秒で失神する場面を、海外記者が動画付きで公開。米メディアでも取り上げ、UFCファイターたちも驚きの声が上がっていた。試合後には勝利したホルベ・マスビダル(米国)は敗れたベン・アスクレン(米国)をこき下ろしている。

わずか5秒でKO勝利を収めたホルヘ・マスビダル【写真:Getty Images】
わずか5秒でKO勝利を収めたホルヘ・マスビダル【写真:Getty Images】

他のUFCファイターすら震撼したUFC最速KO、勝者マスビダルは相手を酷評

 米国の総合格闘技UFCで生まれた史上最速のKO劇。ジャンピングニーがもろに直撃し、開始わずか5秒で失神する場面を、海外記者が動画付きで公開。米メディアでも取り上げ、UFCファイターたちも驚きの声が上がっていた。試合後には勝利したホルベ・マスビダル(米国)は敗れたベン・アスクレン(米国)をこき下ろしている。

【特集】「日本全体にインパクトを」 代表主将が見据える日本ラグビー界の未来 / ラグビー リーチ・マイケル選手(GROWINGへ)

 瞬きをする間もなく、勝敗は決した。6日(日本時間7日)のUFC239での出来事。ベン・アスクレン(米国)と対峙したホルヘ・マスビダル(米国)はゴングの瞬間、一直線に相手に向かって走り、飛び膝蹴りを食らわせた。顔面にまともに入ったアスクレンは、一撃で失神。仰向けになったまま硬直。マスビダルはさらに2度追撃を食らわせたところで、レフェリーが試合を止めた。

 この試合を目の当たりにした同じUFCファイターからも「恐ろしく、残忍だ」などの声が上がり、またファンからは「レフェリーが止めるのが遅かった」などの意見もあった。では勝ったマスビダルはどのようなコメントを残しているのだろうか。

 この試合を特集した米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」が「ホルヘ・マスビダルが、数秒で打ちめかしたベン・アスクレンに対し、UFCの一員ではないと発言」の見出しで、マスビダルの勝利者インタビューを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集