[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織、強烈サーブで決着 お得意様に9戦9勝、大会公式賛辞「再び8強へ」「記録更新」

テニスの4大大会ウィンブルドンは8日、男子シングルス4回戦で世界ランク7位・錦織圭(日清食品)が同58位ミハイル・ククシュキン(カザフスタン)を6-3、3-6、6-3、6-4で破り、準々決勝進出。ロジャー・フェデラー(スイス)との激突が決まった。最後は強烈なサービスで決着させた瞬間を大会が動画付きで公開し、賛辞を送っている。

準々決勝進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】
準々決勝進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】

世界58位ククシュキンに完勝、王者フェデラーと激突へ

 テニスの4大大会ウィンブルドンは8日、男子シングルス4回戦で世界ランク7位・錦織圭(日清食品)が同58位ミハイル・ククシュキン(カザフスタン)を6-3、3-6、6-3、6-4で破り、準々決勝進出。ロジャー・フェデラー(スイス)との激突が決まった。最後は強烈なサービスで決着させた瞬間を大会が動画付きで公開し、賛辞を送っている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 最後まで勢いは衰えなかった。マッチポイント、錦織は全身を使い、強烈なサーブをセンターに打ち込んだ。球足の速い芝で勢い良く飛んできた一撃にククシュキンも反応しきれない。リターンはアウトに。今大会好調なサービスを象徴するような幕切れで試合を決めた。その瞬間、沸き立つ会場。相手と握手を交わすと、錦織は何度もガッツポーズを繰り出し、感情を爆発させた。

 これで自身最高タイとなる8強進出。大会公式ツイッターは実際のシーンとともに「再び準々決勝へ… ケイ・ニシコリは、ミハイル・ククシュキンに6-3、3-6、6-3、6-4で勝利し、ロジャー・フェデラーとの準決勝に進出。ウィンブルドンにおける自身最高成績に並んだ」とレポート。また「記録更新…」と記述し、日本人歴代最多の4大大会8強は12度目となったことも称えていた。

 ククシュキンとはこれで9戦9勝と相性の良さを発揮した。また、今大会の失セットはわずか1。体力のロスも少ない状態で準々決勝に向かう。相手は王者フェデラー。今の勢いなら……期待は膨らんでくる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集