[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2冠に王手のサニブラウン、決勝で夢の日本記録更新へ「ちゃんとやれば出るのかな」

世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は29日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル予選が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が準決勝3組に登場。2017年大会覇者は、20秒84(向かい風1.8メートル)の3組1位(全体2位)で決勝に進出した。

200m予選で全体2位で決勝進出を決めたサニブラウン【写真:Getty Images】
200m予選で全体2位で決勝進出を決めたサニブラウン【写真:Getty Images】

向かい風1.8mのコンディションで余裕たっぷりに20秒84、高まる記録への期待

 世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権は29日、福岡・博多の森陸上競技場で男子200メートル予選が行われ、100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が準決勝3組に登場。2017年大会覇者は、20秒84(向かい風1.8メートル)の3組1位(全体2位)で決勝に進出した。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 悪コンディションも関係なし。雨に加えて、強い向かい風を切り裂いた。前半からリードを奪い、最後は余力たっぷりに流してゴール。それでも20秒84は全体2位での決勝進出。30日の決勝に大きな期待を抱かせる快走だった。

 レース後には「明日へ向けてまぁまぁいい刺激になったのかなという感じ。カーブを気持ちよく出て直線は腕をしっかり振ってゴールするという感じ。気持ちよく走れたので、今日はよかった」とうなずき、さらに決勝へ向けては「明日は前半からしっかりいって、カーブでてからももう一回いって、最後50もまとめてこられたらと思っています」とレースへのイメージを高めていた。

 100メートルとの2冠はもちろん、20秒03の日本記録更新、夢の19秒台への期待も高まる中で、「決勝はもっと早いタイムで。(記録は)ちゃんとやることやれば出るのかなという感じです」と自然体で意気込んだ。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集