[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、日の丸バッジを着けてドラフトに挑んだ理由「日本人として、自分の国を―」

米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議が20日(日本時間21日)、ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズセンターで行われ、八村塁(ゴンザガ大)が日本人として初の1巡目全体9位でウィザーズから指名を受け、NBA入りを果たした。

全体9位でウィザーズから指名を受けた八村塁【写真:Getty Images】
全体9位でウィザーズから指名を受けた八村塁【写真:Getty Images】

世界中から注目される舞台「自分の国をしっかり見せないといけない」

 米プロバスケットボール(NBA)のドラフト会議が20日(日本時間21日)、ニューヨーク・ブルックリンのバークレイズセンターで行われ、八村塁(ゴンザガ大)が日本人として初の1巡目全体9位でウィザーズから指名を受け、NBA入りを果たした。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 アダム・シルバーNBAコミッショナーが、「ワシントン・ウィザーズの選択はルイ・ハチムラ。日本の富山出身、ゴンザガ大学」とアナウンスすると、会場は歓声と拍手で沸いた。それまでほぼメディアの予想通りの選手が選ばれていたが、この日初めての予想よりも早い番狂わせだったこともあり、驚きの声も同時に上がっていた。

 名前を呼ばれた八村は、堂々とステージへと上がり、シルバー・コミッショナーと固く握手を交わした。この日、ハチムラの左胸には日の丸のピンバッジが輝いていた。このバッチは世界中から注目される舞台で、「日本人として、自分の国をしっかり見せないといけない」と意識したのだという。

 記者会見では、富山市立奥田中学でバスケを始めたこと、その機会を作った恩師の坂本穣治コーチが当初からNBA入りを目標にするようにアドバイスしたことを知る米メディアから、「坂本コーチに、コーチとあなたの夢が叶ったことを何と言って報告しますか?」と問われた。それに対して八村は、日英両語で「坂本コーチやりました」と少し照れながら答えた。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集