[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の次戦は最短9月も、半年空く可能性… WBSS主催者「3階級決勝を3か月で」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との決勝がいつ、どこで行われるのかに注目が集まる中、WBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏が注目発言。バンタム級、スーパーミドル級、クルーザー級3階級の決勝戦を分散開催し、「9月、10月、11月」と期日を明らかにした。仮に11月開催となれば、再び前回から半年も試合間隔が開くこととなる。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

WBSSプロモーターは3階級決勝の日程を「9、10、11月」と明らかに

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級決勝進出を決めたWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)。5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)との決勝がいつ、どこで行われるのかに注目が集まる中、WBSSのプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏が注目発言。バンタム級、スーパーミドル級、クルーザー級3階級の決勝を分散開催し、「9月、10月、11月」と期日を明らかにした。仮に11月開催となれば、再び前回から半年も試合間隔が空くこととなる。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 WBSSのプロモーターを務めるザワーランド氏は、英ボクシング専門メディア「セカンズ・アウト」公式YouTubeに登場。決勝の時期について、注目発言した。

 バンタム級、スーパーミドル級、クルーザー級の3階級で行われているシーズン2は15日にラトビアの首都リガで準決勝2試合が行われ、決勝のカードが出揃った。ザワーランド氏は決勝について「9月、10月、11月に行うことを計画している。3階級(の決勝)を3か月で行う。単独開催でダブルヘッダーは行わない」と断言した。

 井上をもっと見たい――。そんな声がボクシングファンの間で高まっている。

 井上は昨年戦ったのは2試合だけ。5月25日にジェイミー・マクドネル(英国)を1回112秒で倒し、次戦は10月7日のWBSS1回戦で元WBA世界スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか1ラウンド70秒で沈めた。2018年は182秒しかリングに立っていなかった。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集