[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • テニス世界1位が“若気の至り”告白 試合前にピザ食い「ダイエットなどどうすれば…」

テニス世界1位が“若気の至り”告白 試合前にピザ食い「ダイエットなどどうすれば…」

男子テニスシングルス世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)は自身10度目のウィンブルドン8強進出を果たした。準々決勝で同28位のサム・クエリー(米国)を迎え撃つ前年覇者は、若き日の自分自身を回想。食事など栄養問題を考えず、試合前にピザを食べていた過去を明かし、「僕はとても浅はかだった」と自戒を込めて語っている。英公共放送「BBC」が報じた。

ウィンブルドン8強のマレー、「浅はかだった」10代を回想「僕はあまりに若かった」

 男子テニスシングルス世界ランク1位のアンディ・マレー(英国)は自身10度目のウィンブルドン8強進出を果たした。準々決勝で同28位のサム・クエリー(米国)を迎え撃つ前年覇者は、若き日の自分自身を回想。食事など栄養問題を考えず、試合前にピザを食べていた過去を明かし、「僕はとても浅はかだった」と自戒を込めて語っている。英公共放送「BBC」が報じた。

 地元ファンの声援を一身に受けるマレーには、連覇の期待がかかっている。

「月曜の試合後に他の人に言われるまで、これが10度目のウィンブルドン準々決勝とは知らなかったんだ。これこそがトーナメントで、センターコートが舞台になる。自分が最高のテニスを見せていた所。これまでに続けてきたことが試される場所だと思う」

 記事によると、4回戦で世界ランク16位のルーカス・プイユ(フランス)にストレート勝ちを収めるまで、芝の聖地での10大会連続の8強進出という戦績に気づかなかったという地元の英雄だが、そのコメントには集中力の高まりを感じさせている。

 マレーは2004年のジュニア世代でウィンブルドンに出場。プロ転向後の初出場は05年だった。18歳でエントリーしたこの年、いきなり3回戦に進出。センターコートでダビド・ナルバンディアン(アルゼンチン)に敗れたが、テニス界に一気にアンディ・マレーの名を知らしめた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー