[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • なぜ、彼はこんなに遠く飛ばせるのか… 米球宴HR競争で驚愕の「156m弾」が誕生

なぜ、彼はこんなに遠く飛ばせるのか… 米球宴HR競争で驚愕の「156m弾」が誕生

米大リーグの第88回オールスター戦のホームラン競争が10日(日本時間11日)に行われ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が初優勝を飾った。合計47本描いたアーチの中で最も観客の度肝を抜いたのは、準決勝で放った513フィート(約156.4メートル)の超特大弾。MLB公式ツイッターも動画付きで紹介し、ファンから「彼は狂っている」と驚愕の声が上がっている。

MLB球宴HR競争でヤンキース“超新人”ジャッジが初優勝…特大弾連発で合計47発

 米大リーグの第88回オールスター戦のホームラン競争が10日(日本時間11日)に行われ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が初優勝を飾った。合計47本描いたアーチの中で最も観客の度肝を抜いたのは、準決勝で放った513フィート(約156.4メートル)の超特大弾。MLB公式ツイッターも動画付きで紹介し、ファンから「彼は狂っている」と驚愕の声が上がっている。

 まるで、ピンポン玉でも打っているのか。そう思いたくなるほど、ジャッジが放った打球は軽々と、そして遠くへ飛んで行った。

 ドジャースのコディ・ベリンジャー外野手と対決した準決勝。10本を放ち、制限時間が残り2分を切った時だった。決してフルスイングしたというわけではない。しかし、右打席から201センチ、128キロの巨体がボールを振り抜くと、打球は高すぎるほどに舞い上がった。

 そして、打球は失速することなく、ファンが見上げた観客席の遥か上空を通過して着弾。その距離、513フィート、滞空時間7秒というロング飛行だった。

 驚異の超特大弾にMLB公式ツイッターも動画付きで速報すると、瞬く間にファンに衝撃が広がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー