[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「グランドスラム常勝」のフェデラー、8強進出で打ち立てた「2つの金字塔」

「グランドスラム常勝」のフェデラー、8強進出で打ち立てた「2つの金字塔」

男子テニスのウィンブルドンは10日、4回戦で世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が同11位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に、6−4、6−2、6−4のストレートで準々決勝進出。ATPワールドツアー公式サイトによると、史上単独トップの8度目の優勝を目指す芝の王者は、2つの金字塔を打ち立てたという。

大会史上最多15度目&四大大会通算50度目の8強も次戦警戒「大会は最後まで困難」

 男子テニスのウィンブルドンは10日、4回戦で世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)が同11位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)に、6−4、6−2、6−4のストレートで準々決勝進出。ATPワールドツアー公式サイトによると、史上単独トップの8度目の優勝を目指す芝の王者は、2つの金字塔を打ち立てたという。

 華麗な片手バックハンドの使い手で「フェデラー2世」の呼び声高いディミトロフをセンターコートで迎えたフェデラーは、1時間37分であっさりと下した。ファーストサービスの成功率は70%という高さを示し、フェデラーのサービスゲームの平均時間はわずか1分21秒。世界ランク11位の難敵に付け入る隙を与えず、通算対戦成績を6勝0敗と100%をキープした。

 この1勝により、35歳の王者は、ある“2つの偉業”を達成した。

 記事によると、プロ選手の出場が解禁された1968年のオープン化以降、ウィンブルドンの準々決勝進出がキャリア15回目となった。14回で並んでいた元世界ランク1位のジミー・コナーズ(米国)を抜き、フェデラーが単独トップになった。

 もう一つは、グランドスラムでの準々決勝進出の通算回数も前人未到の50度目に到達。2位のコナーズは41回で、世界ランク3位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は通算39回。「芝の王者」は、“グランドスラム常勝”の王者として、凄まじいオールラウンダーぶりを見せつけている。

 記事では、フェデラーが昨年から苦しんでいた故障から復調したことをアピールしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー