[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥とSバンタム級で再戦希望 ロドリゲス陣営が青写真明かす「3部作になるかも」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回TKOで下した。20戦目にして初黒星を喫した元無敗王者ロドリゲスのプロモーターはスーパーバンタム級で井上との再戦を希望。「3部作になるかもしれない」と雪辱に燃えている。プエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

WBSSバンタム級準決勝で井上に敗れたロドリゲス(左)【写真:Getty Images】
WBSSバンタム級準決勝で井上に敗れたロドリゲス(左)【写真:Getty Images】

今年中にバンタム級で復帰、プロモーター「イノウエとは122ポンドで再戦を」

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回TKOで下した。20戦目にして初黒星を喫した元無敗王者ロドリゲスのプロモーターはスーパーバンタム級で井上との再戦を希望。「3部作になるかもしれない」と雪辱に燃えている。プエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 事実上の決勝と呼ばれたグラスゴー決戦で、カリブの無敗王者はモンスター相手に打ち合いに出た。ロドリゲスは1ラウンドこそ互角な展開だったが、2ラウンドに井上の猛攻に屈し、3度のダウンを喫した。しかし、259秒の悪夢を見たロドリゲス陣営は、このまま黙って引き下がるつもりはないようだ。

 記事によると、プロモーターのフアン・オレンゴ氏は「2020年にマニー(ロドリゲスの愛称)は再び世界王者になるだろう。今のところは118ポンド(バンタム級)に留まる。今年に再起戦に出る。ファイトせずに年越しすることはない」と明かし、年内中にバンタム級で復活のリングに上がるという。

 IBF王座をモンスターに奪われたが、同氏は「勝利したのはイノウエだが、それ以外の部分でマニーはこの上ない状況だった。彼がベストを尽くしたことを我々は知っているが、今回はできなかった。イノウエとは122ポンドで再び相まみえたい。3部作になるかもしれないじゃないか」と話したという。

 井上とは1階級上のスーパーバンタム級で再戦を誓い、次戦で復活を飾り、五分五分にした時点でモンスターと3試合目を戦うという青写真を披露。果たして、将来、モンスターと拳を交える日は来るのか。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集