[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥獲りはWBSS後か トップランク社の動向に米脚光「すでに契約確定と誤解を…」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回TKOで下した。権威ある米専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)でキャリア最高の4位に入るなど、海外で一気に名声を高めたモンスターとの契約を熱望しているのはトップランク社のボブ・アラム氏。米メディアでは井上狂想曲の高まりから「モンスターに対する熱意が誤解を…」と報じている。

WBSS決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】
WBSS決勝進出を決めた井上尚弥【写真:Getty Images】

契約が注目されるトップランク社、WBSS大会後に井上陣営との会談希望を明かす

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)はIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回TKOで下した。権威ある米専門誌「リング」選定のパウンド・フォー・パウンド(PFP)でキャリア最高の4位に入るなど、海外で一気に名声を高めたモンスターとの契約を熱望しているのはトップランク社のボブ・アラム氏。米メディアでは井上狂想曲の高まりから「モンスターに対する熱意が誤解を…」と報じている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

「アラム:我々はWBSS後、ナオヤ・イノウエ陣営と会談を希望する」と特集したのは、米メディア「ボクシングシーン.com」だった。

 元WBO世界スーパーフェザー級世界王者・伊藤雅雪(横浜光)、元WBA世界ミドル級世界王者・村田諒太(帝拳)という日本人選手の海外での活躍をサポートしてきた名物プロモーターのアラム氏。井上に対する高い評価を隠そうとしなかったが、モンスター愛が“誤解”を広げているという。

「このトップランクのスタッフは喜んで、長きにわたるナオヤ・イノウエの追求を辛抱強く続けているが、大物となったモンスターの契約がすでに確定したと誤って認識されている」

 記事ではこう報じている。アラム氏は「次のファイトが終わった後に彼らの陣営と話し合いたい。そこから先に進みたい」と話し、正式交渉はWBSS決勝後と主張している。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集