[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前代未聞!? 衝撃の“レフェリー弾”が海外で議論噴出「明らかにキックしている」

海外サッカーで信じられないようなシーンが話題を呼んでいる。ゴール前での混戦状態から最後は主審がゴールを“決めて”しまうという珍事が発生。決められた側が動画を公開。海外メディアも次々と取り上げるなど、衝撃の事態が大反響を呼んでいる。

なぜ、この位置にレフェリーが!?(写真はスクリーンショット)
なぜ、この位置にレフェリーが!?(写真はスクリーンショット)

オランダ4部リーグの珍事が海外話題、主審がゴール決める

 海外サッカーの信じられないようなシーンが話題を呼んでいる。ゴール前の混戦状態から最後は主審がゴールを“決めて”しまうという珍事が発生。決められたチームが動画を公開し、海外メディアも次々と取り上げるなど、衝撃の事態が大反響を呼んでいる。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 なぜ、こんなことが起きてしまったのか。衝撃の舞台はオランダ4部リーグ、ハルケマセ・ボーイズ対HSVフークの一戦だ。ホームのハルマケセが3-1とリードして迎えた後半の21分だった。

 2点を追いかけるフークの攻勢。エリア内の混戦からシュートを放つが、これはハルケマセのGKが好セーブ。弾いたボールがゴールへ向けて転がったが、何とかラインだけは割らせないとクリアする。

 さらにフークの攻勢は続く。こぼれたボールを再びダイレクトで狙う。このシュートは左ポストに直撃、ボールがはね返った次の瞬間だ。

 なぜかゴール前にいた主審を直撃。よけようとしたのだが、なんと左足でミートしてしまう。主審の“シュート”はゴールラインを通過。フークの得点と記録されたのだ。

 これにハルマケセは猛抗議したが、審判はただの石ころとみなされるため、ゴールが認められた。結局は4-2で勝利したのだが、決められた側には納得のいかないシーンを、クラブは公式ツイッターで動画付きで公開。するとこれが話題を呼び、多方面に拡散していった。

1 2 3
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集